教科書

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

教科書(きょうかしょ)とは、主に学校の授業で主となる教材として使用する図書・書籍。教科用図書の略。

概要[編集]

小学校から高等学校[注 1]で教科書と認められるものは、文部科学省学習指導要領に適っているかの検定を行い、それに合格したものである。
検定に合格した教科書とほぼ同じ内容でも、検定を受けていない場合は教科書とは認められず、副教材やワークブックとして扱われる。
小中学校では、指定の教科書を使わず、副教材やワークブックだけで授業を行うことは、建前として出来ない。

教科書は新入生であれば合格者説明会やオリエンテーションのタイミングで渡され、進級時は新年度の始業式の日に渡される。費用は義務教育では無償である[注 2]

一度に全教科の教科書を渡されるため、保護者と一緒に下校できる新入生はともかく、在校生は重い荷物を抱えて下校することになる。中には合格者説明会の日は教科書の購入注文のみを行って入学式に間に合うように自宅へ配送を行う学校や、学校指定の書店で購入する学校もある。

大学などの高等教育機関や高等学校の専門科目の一部や学校設定教科については、国が教科書検定を行っておらず、市販の専門書が教科書として使われる。大学では講義を担当する教授の著書が教科書として指定されることも。

日本国外[編集]

  • 韓国は戦前の日本のように国が編纂した国定教科書2009年まで用いられていた。
  • 欧米では、教科書が分厚く、普段は貸与制で学校置きの国がある。
  • 日本のように義務教育で無償で教科書支給されない国もある。

関連項目[編集]

[編集]

  1. 高等専門学校の3年前半までと高等専修学校でも高等学校の教科書が使用される。
  2. 学制改革直後は有償だったが、1961年の高知県での教科書無償闘争をきっかけに1963年から年次進行で小中で無償化された。