吉田剛 (脚本家)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア吉田剛 (脚本家)の項目があります。

吉田 剛(よしだ たけし、1935年3月2日 - 2018年11月17日)は、日本脚本家映画監督。長女と次女あり。

来歴[編集]

大阪府堺市出身。関西大学卒業後、松竹小林正樹小津安二郎ら大監督の下で学び、大いに経験を積んで演出助手などを務めている。その後、フリーとなり、ドラマを中心に脚本を多数手がけた。

主な作品にドラマ「必殺シリーズ」、映画「敦煌」などがある。また、映画「復活の朝」の映画監督も務めた。

2018年11月17日、神奈川県の自宅で死去した。83歳没。

代表作[編集]

映画[編集]

助監督として[編集]

脚本家として[編集]

テレビドラマ[編集]

※量が多いため、伸縮型のメニューとして掲載する。右にある[表示]をクリックすると一覧が表示される。

外部リンク[編集]