マラッカ連邦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マラッカ連邦は、インドネシアパプアニューギニアオーストラリアニュージーランドスリランカ島を領域とする連邦制社会民主制の架空国家である。

政治[編集]

社会主義政策を取りつつも、民主主義的な政策も目立つ国。大統領は橘秀一、副大統領はマーク・ブリフェアノ。現在は農作物・石油・ゴム資源の採掘等により国家自体は裕福といえないレベルではあるが、アジア各国と比較すれば裕福なレベルである。工業は特に造船などの海洋系に特化しており、造船所は国土の各地に設置されるなど、海運会社が多く立ち並ぶ。

外交[編集]

外交に関してはあまり快調とは言えず、友好的な国も数少ないものの、キッド社会主義共和王国連邦ジェルディナリア連邦共和国大日本帝国エルシアス社会主義共和国連邦カメルーン・アフリカ軍政社会主義国家グラストアリア社会主義共和国連邦モスクスターク第3社会主義共和国連邦瑛研共和国伯国などの国々は友好的な関係にあり、特に同じG5(世界主要5カ国)加盟国であるキッド社会主義共和王国連邦ジェルディナリア連邦共和国エルシアス社会主義共和国連邦瑛研共和国とは非常に友好的な関係にある。

領土[編集]

領土は広大でインドネシアパプアニューギニアオーストラリアニュージーランドスリランカ島である。また実質的にオセアニア州に属する島々も統治している。

公用語[編集]

公用語は日本語が中心だが、英語ソ連語ドイツ語など、多種多様な言語が話されるが、一般的には日本語が中心である。

人口[編集]

人口は8億5800万人である。砂漠地帯、山岳地帯など厳しい条件にありながらも、気候と共存共栄を果たしている。都市部、特に首都シドゥルニでは高層マンション及び高層ビルが多く立ち並ぶ。

軍備[編集]

マラッカ連邦軍(国軍)は非常に強力であり、軍隊員の総数は予備役、懲罰兵を含め9675万人を誇る大規模な軍隊である。昨年の米真戦争の反省を生かし陸軍が抜本的に強化され、陸海軍が非常に強化される結果となったが、いまだ王国連邦王国連邦王立革命赤軍王立赤星陸軍の戦車に頼る状況が続くなど、課題は山積みである。

歴史[編集]

連邦の歴史は短いものの、非常に濃い歴史を辿る。

1945年にニュージーランド島を中心とするホトトギス帝国が誕生したが、オーストラリア連邦はこれを違法国家として小競り合いが続いた。

1945年、ホトトギス帝国の確立化が完了。

1945年、オーストラリア連邦からの独立を宣言。5年続く独立戦争が始まる。

1946年、王国連邦がホトトギス帝国支援を表明、形成が逆転する。

1947年、シドニーキャンベラが陥落。

1948年、鉄壁の要塞ことマウント・オーガスタス要塞に対し攻撃開始。

1950年、実に2年半掛かったオーガスタス要塞は陥落。オーストラリア連邦大統領、及び豪連邦軍幹部の全員射殺によりオーストラリア連邦は降伏し、全土を併合、インドネシア、ニュージーランド、オーストラリア、パプアニューギニアを領土としてホトトギス帝国が誕生した。

1955年、戦争による荒廃した土地の復興作業が終了。第一次五カ年政策を開始した。第一次五カ年政策では、居住区画と生活圏の整備であった。

1960年、第二次五カ年政策実施。第二次五カ年政策では、軍拡を行った。

1962年、初代皇帝アドルフ・フィルドームが老衰により死去。帝国初の国葬を実施。

2020年、四代皇帝オルバーザー・フィルドームが皇帝の後継問題をめぐり帝政の完全終了を告げた。また国名を「マラッカ連邦」に変更。大統領を橘秀一帝国議長に任命した。

2020年、イメーワ同盟条約機構加盟。

2021年、イメーワ=ゲリラ戦争に参戦。これに勝利した。

2022年、アフリカ共産統一戦争に介入し勝利。スリランカ島割譲やその他師団要求を行い、陸軍の対処力が大幅に強化された。

2022年、海賊対処や海洋保全目的とする、ホトトギス連合条約機構設立。

2022年、大東亜共栄圏加盟。

2022年、G5(世界主要5カ国)に任命。それと同時に国際連合常任理事国に就任。

2022年、第3次世界大戦勃発。これに参戦。

2023年、米真戦争勃発。互いに有利な形で講和が進められ、1ヶ月程で終了した。

2025年、第2次大東亜戦争参戦。並びに第2次米真戦争開戦。

2026年、第2次米真戦争終戦。白紙講和となった。

2028年、総兵力が1億人を突破。

2029年、ゲルマニア第5帝国と核戦争に発展。互いに大損害を被った。

2035年、ゲルマニア第5帝国が降伏。第3次世界大戦に勝利した。