ピオネール

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピオネール (пионе́р) は、旧ソ連を中心とした社会主義国家で活動する共産主義少年団。日本語では開拓者という意味。

概要[編集]

ソ連を中心に社会主義国家がボーイスカウトを参考に、1922年に国策として共産党が設立した少年団で、慈善活動やキャンプを行いながら共産主義を学ぶ。プロレタリアート(労働者の貧困家庭)出身の9歳から14歳までの優秀な子どもが入団できる。共産主義を現した赤いネッカチーフがシンボル[1]

ピオネールに入ることは、ソ連の子どもたちの憧れで、貧しくても旅行が出来ることも人気の理由であった。ウィキペディアでは悪く書かれているが、実際には温かく良い団体であったと語られている。

その多くは1991年のソ連崩壊と同時に活動が停止したが、ロシアの各地には、ピオネール宮殿が現存するほか、北極海ピオネール島と呼ばれる島がある。中国では中国少年先鋒隊として現在も活動している。

作品[編集]

2014年に「チェブラーシカ~ピオネールにはいりたい~」が日本で発売されている[2]
7曲からなるオラトリオで、第4曲が「ピオネールは木を植える」。

参考文献[編集]