ウィキコレクト

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキコレクト
開設2009年3月17日
ウィキシステムMediaWiki
分野ウィキサイトに関する情報を集めるウィキサイト
言語日本語
使用時刻日本標準時(JST)
現状休止中

ウィキコレクト(英:Wikicollect)は、マイサイト ユーザーズ 2.0 (myht) 上に設置されていたMediaWikiサイト。各種のウィキサイトを収集することを目的としていた。

概要[編集]

姉妹サイト「Weekpedia」とまとめて「ウィークメディアプロジェクト」と呼ばれていた。また、日記などはウィークペディアのほうにあり、実質ウィークペディアのほうがメインで、ウィキコレクトはサブプロジェクトだったといえる。ウィキコレクトの利用者は「ウィキコレクター」と呼ばれていた。

ロゴは当初はひまわり(MediaWikiのロゴをイメージ)と@WikiのロゴとPukiWikiのロゴをあわせたものだったが、その後MediaWikiのマークアップをイメージしたものに変更された。

歴史[編集]

共通項の多い姉妹サイトウィークペディア#歴史も参照されたい。

設立
2009年3月、サイト創設者(Hanakayu氏)がウィキペディアのパロディサイトを集めるサイト「Wikiparody」としてサイトを設置する。創設者はGoogleのパロディを集めるサイトを管理していたり、またYahoo! JAPANやウィキペディアのパロディサイトを自ら運営していたりと、パロディが好きであった…のかもしれない
サイト開設までも実際には紆余曲折あり、創設者は最初、別ホストサイトを見つけてそこに作ろうとしたのだが、当時新規利用登録を受け付けていなく、たまたま通りがかったFivarsty氏の助言を受けて最終的にmyhtにサイトが設置された。なお、最初myhtにサイトを作ったとき、Hanakayu氏はMediaWikiサイトを作るつもりが間違えてXOPPSを作ってしまい、Fivarsty氏に指摘されるまで気が付かなかったという。
なお、この頃に一度韓国語版が設立されたが、すぐにスパムの攻撃により荒廃し閉鎖したという。
趣旨拡大
Wikipediaのパロディサイト収集サイトとして開設されたものの、対象のウィキはあまりなく、今後の発展のためにもウィキサイト全般の情報を集めるウィキとして2010年12月頃に方針を変更し、サイト名も「Wikicollect」に改名した。メインページで「ウィキのウィキ」と自己紹介をしていた。
2011年にはURLを変更しようとするも、操作ミスにより全データーが消失してしまうが、必死でキャッシュを漁りある程度復元する。
安定期
その後は、創設者H氏自身が多忙等を理由にウィークペディアとともにシステム権限をF氏に譲った上でウィキ離れをしてしまった。ウィークペディア同様スパムには悩まされたが、Fivarsty氏が権限を湯釣り受けたことが解決の糸口となった。
また、この時代よりウィキサイトそのもののみならず、ウィキサイトに関する事柄も記事として取り扱われるようになったほか、ウィキ用語を収集する辞書のようなプロジェクトも進行していた[ソース求む!]
閉鎖
しかしかながら、姉妹プロジェクト「Weekpedia」同様、またmyhtのサーバー問題など複数の問題などにより、ウィークペディアとほぼ同時期に休止された。休止後はアクセスしても403エラーが表示され、アクセスできない。
非公式後継
本家ウィキコレクトが閉鎖してまもなく、類似サイトが乱立した。
ウィークメディアの一般利用者として活動していたWiiU氏が、無許可のもとmyhtに設置したのがウィキコレクト (2代)である。W氏はウソペディアの創設者[1]であり、当時は管理者権限を保有していたため、「そちらの方に注力していたため、大規模荒らしへの対処が遅れがちとなっており、殆ど機能しているとは言えない」という旨の文言を本稿に書き残しているが、ブロックされ追放された現在でも適切に管理されているとはいいがたく、ひどく荒廃している。なお、最初は「無許可である」ことを曖昧にしていたため、それを知らずに編集に手を出してしまった利用者も存在している。
当時WiiU氏と並びウソペディアの運営をしていた、Takumi3氏[2]がこれに疑問を持ち、ウィキに夢中!(閉鎖)を創設した。
また、同様に当初Wikicollectを名乗ったサイトとして、現在は名前を変えたウィキアマースがある。

特徴[編集]

メイン・サブ関係[編集]

実質、姉妹サイトウィークペディアのサブプロジェクトのような扱いで、日記や両サイトにまたがる議論などはウィークペディア側で行われていた。利用者もそのほとんどがウィークペディアとウィキコレクトを往来していた。

カテゴリ構造[編集]

ウィキ収集に特化しているだけあって、カテゴリ構造は特殊で、利用者やページ数による規模・ウィキ設置年などから記事を参照できる特徴があった。

宣伝[編集]

記事には、ウィキサイト創設者による宣伝色の強いものも受け入れられていた。

データ[編集]

測定日[出典] 記事数 登録利用者数
2015年11月27日[3] 689 1376
2015年11月12日[4] 689 1377
2015年2月27日[5] 557
2014年9月3日[6] 411 1335
2012年12月5日[7] 167
2012年6月18日[8] 155 43
2012年1月8日[9] 65
2011年12月30日[10] 54

脚注[編集]

関連項目[編集]

姉妹サイト(ウィークメディアプロジェクト)
ウィークペディア
納豆ペディア
後継・類似サイト
ウィキに夢中!
ウィキコレクト (2代)
MWペディア - MediaWikiに関する情報を収集するサイト
WikiIndex
WikiApiary

外部リンク[編集]