2代目笑福亭松之助

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア笑福亭松之助の項目があります。

2代目 笑福亭 松之助(にだいめ しょうふくてい まつのすけ、1925年大正14年〉8月6日 - 2019年平成31年〉2月22日)は、日本の落語家タレント俳優。本名は明石 徳三(あかし とくぞう)。上方落語界の最長老で、タレントの明石家さんまの師匠として有名である。長男に落語家の明石家のんき

概要[編集]

兵庫県神戸市出身。昭和23年(1948年)に5代目笑福亭松鶴に入門した。上方落語の低迷期には吉本興業の喜劇の脚本を書きながら、自ら出演もした。落語は「くしゃみ講釈」「軽業」などを得意としており、新作も手掛けた。軽妙な味わいが高く評価され、映画やテレビドラマにも多く出演している。

死去する3か月ほど前から体調を悪化させていたとされるが、一時的に持ち直していたという。平成31年(2019年)2月22日午前3時過ぎ、老衰のため、兵庫県西宮市病院死去した。93歳没。

出演[編集]

映画[編集]

テレビバラエティ、コメディ舞台中継[編集]

テレビドラマ[編集]

ほか多数

笑福亭松之助を演じた俳優[編集]

外部リンク[編集]