高野山大学

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア高野山大学の項目があります。

高野山大学(こうやさんだいがく)とは、和歌山県伊都郡高野町大字高野山385に存在する日本高野山真言宗宗門大学である。キャンパスは標高1000メートル急の山々に囲まれた和歌山県高野町の高野山にある。真言宗を開いた空海が平安時代京都平安京に日本初の庶民教育のための学校綜芸種智院を設立し、その教育理念を源流とし、生命を尊び、多様な文化を理解する人材育成を目指している。町には平成16年(2004年)に世界遺産に登録された金剛峰寺など100以上の寺院がある。

前身は古義大学林で、明治19年(1886年)に創設された。僧侶の育成機関で、大学内には道場がある。昭和時代までは年に50人以上の僧侶を送り出していたが、平成30年(2018年)の段階で1年に10人前後と衰退している。平成7年(1995年)度の段階で、文学部4学科に約1400人の学部生が在籍していたが、その後は減少して平成25年(2013年)度に149人となっており、学部も密教学科のみになっている。そのため、平成27年(2015年)には心理学や社会学を学ぶ人間学科を開設し、平成29年(2017年)には社会人向けに大阪市で密教学科のサテライト教室を開始した。そのため、少子化などで僧侶志望者が少なくなっていた定員が、平成29年(2017年)度から増加に転じ、平成30年(2018年)度は163人と増加している。

外部リンク[編集]