織田信清 (戦国時代)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

織田 信清(おだ のぶきよ、生没年不詳)は、戦国時代武将。通称は十郎[1]十郎左衛門[1]、受領名は下野[1]。号は鉄斎[1]犬山鉄斎と称する[1]尾張犬山城主。浪人の身になった際に津田姓を称したとする説がある[1]。父は織田信長の叔父の信康[1]。妻は織田信秀の娘であり、信長の従兄弟で義兄弟でもある[1]。弟に広良。子に津田信益、娘(藤堂高刑室、高虎養女)。

生涯[編集]

最初は岩倉の守護代であった織田伊勢守家に属したが、次第に自立して守護代から離れ、独立した立場になる[1]。信長と守護代家の織田信賢が対立した際には信長に属し、永禄元年(1558年7月12日岩倉城攻めや浮野の戦いに参加した[1]。しかしそれらが決着した後に信長と対立を深め、永禄7年(1564年)か永禄8年(1565年)に信長によって犬山城を落とされて甲斐に流浪した[2]。落城時期は永禄8年(1565年)が有力とされる[2]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 『織田信長家臣人名辞典』(第2版)吉川弘文館2010年。P119
  2. 2.0 2.1 『織田信長家臣人名辞典』(第2版)吉川弘文館2010年。P120

参考文献[編集]