みちのく銀行

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがみちのく銀行の項目をおカタく解説しています。

みちのく銀行(みちのくぎんこう)とは、青森県青森市に本店のある地方銀行

概要[編集]

大正10年(1921年)に設立された。源流は明治27年(1894年)設立の青森商業銀行であり、戦後に青和銀行となった。昭和51年(1976年)に青和銀行と弘前相互銀行が合併し、みちのく銀行となったが、実質は弘前相銀が青和銀を吸収している。

青森県内をはじめとして、北海道岩手県宮城県秋田県東北地方の各県、さらに東京都など令和元年(2019年)の時点で合計94店舗を展開している(令和2年(2020年3月末、令和3年(2021年)3月末時点でも同じ)。さらに海外にも進出しており、中国上海に駐在員事務所を構えている。平成21年(2009年)に財務基盤の強化のため、200億円の公的資金の注入を受けている。

平成31年(2019年3月期の連結総資産は2兆1157億円。純利益は前期比73.2パーセント減の6億円。従業員数は1331人で、連結自己資本比率は7.98パーセントである。令和2年(2020年)期の連結総資産は2兆1695億円。純損益は前期比45億円の赤字従業員数は1369人。連結自己資本比率は7.41パーセントである。令和3年(2021年)期の連結総資産は2兆3604億円。純損益は前期比19億円の黒字従業員数は1299人。連結自己資本比率は7.70パーセントである。

外部リンク[編集]