Jリーグカップ-2020

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Jリーグカップ-2020

概要[編集]

同年のJ1リーグに参加する18チームと、今季J1からJ2に降格した松本山雅FCが参加。横浜F・マリノスFC東京ヴィッセル神戸AFCチャンピオンズリーグ (ACL) との兼ね合いから準々決勝より参加。またACLのプレーオフに敗れた鹿島アントラーズはグループステージから参加するため、玉突きでジュビロ磐田の参加がなくなった。

しかし新型コロナウイルスの影響で、グループステージはホームアンドアウェイ2回総当たりから1回総当たりに変更。またJ2リーグとの兼ね合いで松本がグループステージ第2戦以降不参加となる。プレーオフステージもなくなり、各グループの上位1チームと各グループ2位の中で成績が良かった1チームが準々決勝に勝ち抜ける方式に変更。加えて準々決勝・準決勝も一発勝負で、90分で同点の場合はすぐPK戦を行うルールになった (延長戦は決勝のみ行う) 。

結果[編集]

グループリーグ[編集]

グループA[編集]

順位 チーム 備考
1 川崎フロンターレ 3 2 1 0 10 5 7 決勝T
2 名古屋グランパス 3 2 1 0 6 2 7 決勝T
3 鹿島アントラーズ 3 1 0 2 5 6 3
4 清水エスパルス 3 0 0 3 3 11 0

グループB[編集]

順位 チーム 備考
1 セレッソ大阪 3 3 0 0 8 1 9 決勝T
2 浦和レッズ 2 1 0 1 5 3 6
3 ベガルタ仙台 2 0 0 2 2 8 3
4 松本山雅FC 1 0 0 1 1 4 0

グループC[編集]

順位 チーム 備考
1 北海道コンサドーレ札幌 3 2 1 0 6 2 7 決勝T
2 サンフレッチェ広島 2 1 0 1 3 2 4
3 横浜FC 3 1 1 1 2 3 4
4 サガン鳥栖 2 0 0 2 0 4 1

グループD[編集]

順位 チーム 備考
1 柏レイソル 3 3 0 0 5 1 9 決勝T
2 ガンバ大阪 3 1 1 1 3 3 4
3 湘南ベルマーレ 3 1 0 2 2 3 3
4 大分トリニータ 3 0 1 2 2 5 1

プライムステージ[編集]

プライムステージ (決勝トーナメント) には、各グループで1位の札幌・柏・川崎・C大阪と、各グループ2位の中で成績が優秀だった名古屋が勝ち抜けた。ここにACLに参加していた横浜FM・FC東京・神戸も加わり8チームで行われた。プライムステージのオープンドロー (組み合わせ抽選会) は8月13日にオンライン形式で行われ、各グループ2位から勝ち抜けた名古屋のみ全試合アウェイとなるポジションに入り、それ以外の7チームで抽選が行われた。

準々決勝[編集]

チーム 結果 チーム
北海道コンサドーレ札幌 1-1(PK4-5) 横浜F・マリノス
セレッソ大阪 0-3 柏レイソル
ヴィッセル神戸 0-6 川崎フロンターレ
FC東京 3-0 名古屋グランパス

準決勝[編集]

チーム 結果 チーム
横浜F・マリノス 0-1 柏レイソル
川崎フロンターレ 0-2 FC東京

決勝[編集]

決勝には、同年のJ1の得点王、マイケル・オルンガを擁する柏レイソルと、前年のJ1で準優勝に終わり、ACLもベスト16で敗退しタイトルになかなか手が届かずにいたFC東京が勝ち進んだ。2013年大会以来となる、国立競技場での決勝戦となった。本来なら11月7日に開催予定だったが、柏で新型コロナウイルスのクラスターが発生し、11月4日に決勝の延期が発表。その後、FC東京のACL参加によるカタールへの渡航や、両チームの天皇杯出場の可能性なども勘案した結果、年を越して1月4日に延期されることとなった。普段ならルヴァンカップは10月下旬から11月上旬に優勝が決まるため、大会史上最も遅い決勝戦となった。

試合は前半15分にレアンドロのゴールでFC東京が先制。その後前半44分に柏の瀬川祐輔がFC東京のディフェンスの隙を突き1点を返し、同点で後半へ。後半28分、アダイウトンが柏のゴール前の隙を突き追加点を決め、最終スコアは1対2でFC東京が優勝した。

チーム 結果 チーム
柏レイソル 1-2 FC東京

関連ページ[編集]