長崎浩

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長崎 浩(ながさき ひろし、1937年 - )は、日本の評論家、身体運動学者。

略歴[編集]

東京生まれ。1960年東京大学理学部卒業[1]。同大学院修士課程を経て[2]、1963~70年東京大学物性研究所助手[3]。1973年東京都神経科学総合研究所リハビリテーション研究室(非常勤)。1980年東北大学医学部附属リハビリテーション医学研究施設。1986年東京都老人総合研究所運動機能部門。1999年東北文化学園大学医療福祉学部教授。2005年東北文化学園大学大学院教授[1]

60年安保闘争に共産主義者同盟(第一次ブント)の一員として参加、その分裂後は「革命の通達派」(革通派)に所属した。全共闘運動には助手共闘の一員として参加する。この頃に「叛乱論」を雑誌『情況』に発表して論壇に登場した[4]。第二次ブントの分裂後は共産主義者同盟情況派[5]、1974年の情況派の分裂後は「遠方から」派に所属し[6]、雑誌『遠方から』『オルガン』などで執筆活動を展開する。

『第三文明』1979年12月号に掲載された座談会「マルクスを葬送する」(笠井潔津村喬・長崎浩・戸田徹小阪修平)をきっかけに、笠井・戸田・小阪と共に「マルクス葬送派」と呼ばれる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『叛乱論』 合同出版、1969年。新版、彩流社、1991年
  • 『結社と技術――長崎浩政治論集』 情況出版、1971年/世界書院、2019年
  • 『政治の現象学あるいはアジテーターの遍歴史』 田畑書店、1977年
  • 『超国家主義の政治倫理』 田畑書店、1977年
  • 『革命の問いとマルクス主義――階級、自然、国家そしてコミューン』 エスエル出版会(エスエル現代歴史思想選書)、1984年
  • 『1960年代――ひとつの精神史』 作品社、1988年
  • 『日本の過激派――スタイルの系譜』 海燕書房、1988年
  • 『世紀末の社会主義――変革の底流を読む』 筑摩書房、1990年
  • 『日本人のニヒリズム』 作品社、1992年
  • 『BMW糞尿・廃水処理システム――自然の自浄作用を活かす』 農山漁村文化協会(民間農法シリーズ)、1993年
  • 『「細菌」が地球を救う――B・M・W技術の挑戦』 東洋経済新報社、1996年
  • 『からだの自由と不自由――身体運動学の展望』 中央公論社(中公新書)、1997年
  • 『技術は地球を救えるか――環境問題とテクノロジー』 作品社、1999年
  • 『思想としての地球――地球環境論講義』 太田出版、2001年
  • 『動作の意味論――歩きながら考える』 雲母書房、2004年
  • 『叛乱の六〇年代――安保闘争と全共闘運動』 論創社、2010年
  • 『共同体の救済と病理』 作品社、2011年
  • 『革命の哲学――1968叛乱への胎動』 作品社、2012年
  • 『リアルの行方』 海鳥社、2014年
  • 『乱世の政治論愚管抄を読む』 平凡社(平凡社新書)、2016年
  • 『摂政九条兼実の乱世――『玉葉』をよむ』 平凡社、2018年
  • 『幕末未完の革命――水戸藩の叛乱と内戦』 作品社、2019年

共著[編集]

  • 黒田寛一をどうとらえるか』 大久保そりや高知聡、喜里山博之、降旗節雄、富岡裕、成岡庸治共著、芳賀書店、1971年
  • 『全共闘解体と現在』 田中吉六、津村喬、神津陽、黒木龍思、小野田襄二、花崎皋平、池田浩士共著、田畑書店、1978年
  • 『全共闘解体と現在』 増補版、田中吉六、津村喬、神津陽、笠井潔、小野田襄二、花崎皋平、池田浩士、長谷川宏、宮内嘉久共著、田畑書店、1984年
  • 『西部邁ビジネス文明批判――尾根道をたどりながら』 西部邁共著、作品社(「現在」との対話)、1986年
  • 『基礎運動学』 第5版、中村隆一、斎藤宏共著、医歯薬出版、2000年。第6版、2003年
  • 『臨床運動学』 第3版、中村隆一編著、斎藤宏共著、医歯薬出版、2002年
  • 『観察による運動・動作分析演習ノート――動作・解答例CD-ROM付』 藤澤宏幸共著、医歯薬出版、2009年

編著[編集]

  • 『七〇年代を過る――長崎浩対談集』 エスエル出版会、1988年
  • 『脳卒中の機能評価と予後予測』 中村隆一、天草万里共編、医歯薬出版、1991年。第2版、1997年。新版、2011年
  • 『運動学実習』 第3版、中村隆一、齋藤宏共編、医歯薬出版、2004年

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 観察による運動・動作分析演習ノ-ト / 藤澤 宏幸/長崎 浩【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  2. 思想としての地球 / 長崎 浩【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  3. 絓秀実ほか『LEFT ALONE――持続するニューレフトの「68年革命」』 明石書店、2005年、290頁
  4. 叛乱論 | 彩流社
  5. 絓秀実『革命的な、あまりに革命的な――「1968年の革命」史論』作品社、2003年、111-112頁
  6. 板橋真澄「長崎浩」、戦後革命運動事典編集委員会編『戦後革命運動事典』新泉社、1985年、199頁

外部リンク[編集]