戸田徹

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

戸田 徹(とだ とおる、1943年[1] - 1984年)は、日本の新左翼活動家。「戸田徹」は党名[2]。本名は平井知之[3]共産主義労働者党のイデオローグ。後に盟友の笠井潔らと「マルクス葬送派」を名乗る[4]

経歴[編集]

大阪出身[5]。1961年大阪市立大学に入学。1962年日本共産党に入党するが、ソ連派として直ちに除名され、1963年民主主義学生同盟(民学同)の結成に参加。その後、民学同の流れを汲む共産主義労働者党(共労党)のイデオローグ・オルガナイザーとして活動し、1968年の激動の中でソ連派から毛沢東思想を支持する第三世界論へと方向転換を遂げる[4]

1972年に共労党は三分裂し、左派の赤色戦線派に所属するが、1974年には解散する[6]。その後、盟友の笠井潔、絓秀実によれば戸田の方向転換に影響を与えたとされる長崎浩と共にマルクスから離れ、「秘教的革命論」を唱える[7]。『第三文明』1979年12月号に掲載された座談会「マルクスを葬送する」(笠井潔・津村喬・長崎浩・戸田徹・小阪修平)をきっかけに、笠井・長崎・小阪と共に「マルクス葬送派」と呼ばれる。この一派は五月革命の闘士からマルクス否定の立場に転じたフランス新哲学派(ヌーヴォー・フィロゾーフ)としばしば類比される。

1984年に癌のため早逝する。晩年は神秘主義に傾斜していた[8]。没後、遺稿集が刊行されている。

人物評[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『マルクス葬送』 五月社、1983年
  • 『戸田徹遺稿集 彼方へ――霊の解放と革命の夢』 戸田徹遺稿集編纂委員会編、戸田徹遺稿集編纂委員会、1985年

編著[編集]

  • 『三里塚 勝利と変革の思想』 四月社、1978年[11]

訳書[編集]

  • 毛沢東』 エドワルド・リウス文・イラスト、現代書館(For beginners シリーズ)、1981年
  • 『資本主義』 ロバート・レカッチマン文、ボリン・バンルーンイラスト、長谷川健三郎共訳、現代書館(For beginners シリーズ)、1982年

脚注[編集]

  1. 戸田, 徹, 1943- - Web NDL Authorities (国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)
  2. 笠井潔のツイート(2012年3月1日)
  3. CiNii 図書 - 彼方へ : 戸田徹遺稿集 : 霊の解放と革命の夢
  4. 4.0 4.1 絓秀実『革命的な、あまりに革命的な――「1968年の革命」史論』作品社、2003年、85頁
  5. 笠井潔のツイート(2012年2月28日)
  6. 笠井潔のツイート(2012年2月28日)
  7. 絓秀実『革命的な、あまりに革命的な――「1968年の革命」史論』作品社、2003年、87頁
  8. 笠井潔のツイート(2012年3月2日)
  9. 笠井潔のツイート(2012年3月14日)
  10. 絓秀実、高澤秀次、宮崎哲弥著『ニッポンの知識人』ベストセラーズ、1999年、27頁
  11. 大金義昭『風のなかのアリア――戦後農村女性史』ドメス出版、2005年、452頁

外部リンク[編集]