大久保そりや

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大久保 そりや(おおくぼ そりや、1932年 - 2016年)は、日本の在野の言語学者。小堀靖生[1]おおくぼそりや[2]の筆名がある。

経歴[編集]

1932年徳島市生まれ[3]、1955年京都大学文学部言語学科卒業[4]。卒業後も在野で言語学を研究し、辞書を編纂する小出版社に勤めた[2]。1950年代に画家の中村宏、批評家の毛利ユリ(榑松栄次)と雑誌『批評運動』を始めた(1960年頃に終刊)[2]。中村は2012年に実施された聞き取りで「(大久保そりや)は、早々にして結婚して、しばらくして行方不明になっちゃってね。」と述べている[2]

1970年度の美学校で講義講師を務めた[5][6]。1986年刊行の『内側の世界』訳者紹介には「人間活動論専攻」とある[3]

洋泉社の創業者である藤森建二によると、2016年に83歳で亡くなった[7]

言語論[編集]

『早稲田大学新聞』(早稲田大学新聞会)、『藝術・國家論集』(永井出版企画)、『情況』(情況社)等に言語や哲学に関する論文を寄稿した。カール・マルクス梯明秀の影響を受け、疎外論を重視する立場から「言語共産学」と称する言語論を展開した。吉本隆明の『言語にとって美とはなにか』、三浦つとむの言語論、中井正一の「委員会の論理」に対しては一定の評価をしつつも批判した[4]

SF論[編集]

ニューウェーヴSF運動勃興直前の1962年、リトルマガジン『悪魔運動』に小堀靖生名義で発表した「SF論序」で、SFを「サイエンス・フィクション」ではなく「スペキュレイティヴ・フィクション」と考えたいと表明した。世界的に非常に早い時期のニューウェーヴSF論であるとされ[8][9]、日本で初めて「スペキュレイティヴ・フィクション」という名称を用いたとされる[1]

山野浩一に評価され、『季刊NW‐SF』の第3号(1971年[9])から最終号の第18号(1982年)に「共産主義的SF論」を連載した。マルクス主義の立場からSFの理論の構築を試みたが、『季刊NW‐SF』の休刊により、未完に終わった[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『言語學批判と共産主義――言語共産學序説』 永井出版企画、1971年
  • 『共産主義的人間活動論 第1部 性活動論』 季節社、1972年
  • 『言語労働過程――直接的・同定的・異定的言語体の形成=取得の諸形態』 楡山書房、ゆかげ・むつろま協会(発売)、1980年

共著[編集]

  • 『吉本隆明をどうとらえるか』 北川透、片岡啓治、竹内成明、時枝誠記、重尾隆四、平田武靖、遠丸立共著、芳賀書店、1970年
  • 『黒田寛一をどうとらえるか』 高知聡長崎浩、喜里山博之、降旗節雄、富岡裕、成岡庸治共著、芳賀書店、1971年
  • 『革命的暴力とは何か?』 全日本学生自治会総連合情宣部編、こぶし書房、1971年

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 岡和田晃 「共産主義的SF論」あるいはドゥルーズになれなかった男 ブックリスタ(投稿日 2016.08.06 更新日 2017.06.13)、2017年6月24日閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 中村宏オーラル・ヒストリー 2012年3月30日 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ (2015年1月18日)、2017年6月24日閲覧。
  3. 3.0 3.1 『内側の世界』訳者紹介
  4. 4.0 4.1 大久保そりや『言語學批判と共産主義――言語共産學序説』永井出版企画、1971年
  5. 美学校史覚え書き 美学校、2017年6月24日閲覧。
  6. 「発掘!美学校」 第3回 創立時(1969年、1970年)の生徒募集チラシ 美学校、2017年6月24日閲覧。
  7. 大槌の風: 追悼 大久保そりやさん宅を訪ねた頃 1581
  8. 6月 早過ぎたNW論者を追え! 前編
  9. 9.0 9.1 7月 早過ぎたNW論者を追え! 後編