連想ゲーム

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

連想ゲーム(れんそうゲーム)は、2人以上で、ある言葉から連想される言葉を次々に出していくゲーム。「マジカルバナナ→バナナといったら…」で始まるものが有名。

ルール[編集]

  • 「(前の言葉)といったら(次の言葉)の形。」
  • すでに出てきた言葉を出したり、制限時間内に言葉を出せなかったりしたら負け。

[編集]

  • 連想ゲームといったら言葉
  • 言葉といったら辞書
  • 辞書といったら
  • 本といったら
  • 紙といったら
  • 木といったら植物
  • 植物といったら
  • 葉といったら
  • 緑といったら
  • 色といったら
  • 虹といったら
  • 雨といったら
  • 水といったら
  • 海といったら地球
  • 地球といったら惑星
  • 惑星といったら火星
  • 火星といったら
  • 火といったら酸素
  • 酸素といったら呼吸
  • 呼吸といったら
  • 肺といったら[1]
  • 灰といったら←すでに出てきた言葉を言ったので負け

エンペディア[編集]

エンペディアでは、「息抜きの場」として、Rest:連想ゲームがある。[2]ここでは一人が連続して投稿しても構わない(ただし、前の投稿から12時間以上過ぎ、前の投稿以降に他の項目を編集していること)。なお、一人が一度に複数投稿することも黙認されている模様2016年3月に「エンペディア」で開始され、2017年11月には100件に達した。2018年1月現在は150件を突破している。制限時間の概念はない。

脚注[編集]

  1. 声に出してみよう。
  2. Enpediaを1回でも編集した人なら誰でも参加可能