言葉

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

はじめに言葉があり、言葉は神と共にあり、言葉は神であった。ヨハネ1章1節(電網訳)


Wiktionary-logo.jpegウィクショナリーことばがあります。

言葉(ことば、英:word)とは、意思の疎通を目的にから発せられる、意味を付与された音声

概要[編集]

まず音声としての言葉が出来た後、それを書き記しておくための文字が生まれたと考えられている。

話し言葉と書き言葉では共通点は多いが微妙に異なる点もある。その仕様上の違いゆえに異なって発達する模様。

話し言葉はとしてからに入力されるが、文字映像としてからに入力されるという違いがある。

言語中枢[編集]

脳の言語中枢で言葉は言語として意味に基づき処理される。左脳にあるとされるが、左脳を損傷して言葉が出なくなった場合でも、右脳で歌を歌うようにして訓練する事で、再度言葉を話す事が可能になるケースが存在する。

はじめに言葉があり[編集]

ヨハネによる福音書の最初で出てくる「言葉」とは、天で生まれた後に地上にも来た事があるイエス・キリストの事を表しているとされる。