真理

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

以下は個人の感想です

真理(しんり、英:truth)とは、真実の定理

概要[編集]

「定理」なのが肝で、用いている定義や前提条件が変わると、真理は変わる事がある。

例えば「宇宙は存在している」は、宇宙が存在している間は真理だが、ビッグバン以前の宇宙が存在していない状態では「宇宙は存在している」は真理では無く、「宇宙は存在していない」が真理となる。つまり時間軸を考慮に入れると現在は真理でも過去や未来では真理ではない事も多い事が必然的に判明する。

真実との違い[編集]

真実は「真の事実」という意味合いがあり、定理では無い。真実=事実。

  • 「宇宙は2018年には存在していた」「宇宙は2019年10月現在存在している」というのは事実であり真実。
  • 『「宇宙はビッグバン以前は存在していなかった」は、人類には直接観測した者はいないので事実と断言できない』というのが事実であり真実。
  • 『「宇宙は2020年も存在していた」というのは2019年10月現在人類にはまだ直接観測した者はいないので事実と断言できない』というのが事実であり真実。

仮説や定説との違い[編集]

仮説や定説は一定期間は真実として受け入れられる事があるが、判明していなかった事実が確認されると、時間軸を考慮に入れるまでもなく完全に否定される事がある。

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦ニコニコ大百科 ¦アンサイクロペディア ¦コトバンク ¦チャクウィキ