感情

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
X mark.png
It's JOKE!
この記事は多少冗談を含みます。
寛容な心でお読み下さい。

感情(かんじょう)とは、人間などの動物に備わっている機能の一つ。思考に影響を与える因子。だが眠気や酔いとは違う。

概要[編集]

基本的に機械コンピューターには通常備わっていない。フリーズするのは別に感情関係無い。ただのエラー。

人工知能の発達により、AIも感情を持つようになるのではないかという見方もあるが、感情をエミュレートするにはどうしたら良いかを考えてプログラミングする必要があり、そもそも人間などの動物に備わっている感情がどういうロジックなのかをまずリバースエンジニアリングする必要がある。

基本的には好き嫌いの事だと思われ、過去の経験を元に現在の状況を判定していると思われる。

将棋のAIだと[編集]

将棋のAIだと、過去の経験を元に評価の高い手を"好き"とし、評価の低い手を"嫌い"と判定するようにすれば、一応好き嫌いの感情をエミュレートできるのかもしれない。でも相手が"好き"な手ばかり指してくると負ける訳で、相手が"嫌い"な手を指す方が"好き"と判定するようにしないといけなくなるかもしれない。でも判定を反転させただけだと相手が"好き"な手を指す方が"嫌い"な手を指す方が"好き"な手を指す方が"嫌い"な手を指す方が"好き"な手を指す方が"嫌い"な手を指す方が"好き"な手を指す方が"嫌い"な手を指す方が"好き"な手を指す方が"嫌い"な手を指す方が…と無限ループに陥り、ただのエラーにしかならないかもしれない。

エンペディアだと[編集]

  • 「僕は情報技術者なので感情を素直に表出するのが技術的」

情報技術者がその技術を披露する際には感情的になるべき、という意味の格言。

まとめ[編集]

感情はたぶん生物に備わっているファジィ制御の一種なんじゃないかな?

関連項目[編集]

他事典リンク¦ウィキペディア ¦ピクシブ百科事典 ¦コトバンク