狭山茶

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

狭山茶(さやまちゃ、英:Sayama-cha)は、埼玉県西部の入間市所沢市狭山市を中心とする狭山丘陵地域で生産されている日本茶である[1]。埼玉県は緑茶生産の経済的北限と言われる[1]東京狭山茶は、東京産茶葉を使ったもので、埼玉県産のものと区別するため名称がついている。

英語で「Sayama Green Tea」 とも言われる[2]

日本三大茶[編集]

狭山市によれば、狭山茶は、「静岡茶」「宇治茶」と並ぶ「日本三大茶」と言われる[3]。色は静岡、香りは宇治、味は狭山と「狭山茶摘み歌」に言われる通り、コクのある濃厚な味わいがある。「狭山火入れ」という独特の仕上げ技術によって、甘くて濃厚な味わいが生まれるという。

狭山茶[編集]

江戸時以前は、茶の産地として武蔵河越の「河越茶」(川越茶)が知られていた。江戸時代後期には、現入間市付近に在住する吉川温恭、村野盛政、指田半右衛門の三人が狭山地方の茶栽培を確立した。幕末から明治にかけて茶は生糸に次ぐ重要な輸出品であり、狭山地域の茶は八王子を経て横浜から、イギリス・北米などに輸出されていた。この頃、狭山茶の名称が生まれたという[4]。昭和3年、埼玉県茶業研究所が設置された。名前は狭山茶であるが、最大の産地は入間市である。

[編集]