松田盛秀

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア松田盛秀の項目があります。

松田 盛秀(まつだ もりひで、生没年不詳)は、戦国時代武将後北条氏の家臣。父は不詳。妻は北条綱成の妹。子に憲秀、娘(御宿某室)[1]

略歴[編集]

仮名は弥次郎[2]。受領名は尾張[2]。名の盛は北条早雲(伊勢宗瑞・盛時)の偏諱と考えられている[2]。後北条家の宿老として天文14年(1545年)に駿河吉原城将を務めた[2]

天文8年(1539年)の武蔵浅倉寺奉加帳に見えるのが史料上の初見である[2]。天文13年(1544年)閏11月までに北条綱成の妹を妻に迎えている[2]。小田原衆筆頭を務めた[2]

天文24年(1555年2月から永禄元年(1558年4月までに家督を子の憲秀に譲って隠居している[2]。史料上では永禄2年(1559年)の役帳を最後に見られないため[2]、この前後に死去したものと推測される。

脚注[編集]

  1. 『戦国北条家一族事典』 戎光祥出版。2018年。P197
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 『戦国北条家一族事典』 戎光祥出版。2018年。P196

参考文献[編集]