平均寿命

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平均寿命(へいきんじゅみょう)とは、各年齢の人が平均して後何年生きられるかの期待値を示す「平均余命」のうち、0歳児の平均余命のことである。人口に関するデーターを基本にして、その年の各年齢での死亡率が今後も変化しないと仮定して算出する。死亡率は一定人口に対する年間の死亡者数の割合で、日本では10万人当たりの死亡者数で示される場合が多い。

概要[編集]

21世紀に入り、医療の発達や病気の解明などにより日本の平均寿命はますます延びているが、一方で都道府県間の健康状態の格差や平均寿命の差が起きている。

また不健康な食習慣や喫煙高血圧高コレステロールによるメタボリック症候群関連などが病気を引き起こす主因になっている。喫煙は特に男性で死亡につながる最大のリスクになっている。食習慣では野菜・果物不足と塩分の過剰摂取が問題になっている。

厚生労働省国勢調査による確定人口を基にした「完全生命表」も5年ごとに公表しており、平成27年(2015年)の平均寿命は女性が86.99歳、男性80,75歳である。

都道府県別の平均寿命[編集]

1990年[編集]

上位
下位

2015年[編集]

上位
  • 1位 - 滋賀県(84.7歳)
  • 2位 - 福井県・長野県(84.2歳)
  • 4位 - 奈良県(84.1歳)
  • 5位 - 石川県(83.9歳)
下位
  • 43位 - 岩手県・高知県(82.4歳)
  • 45位 - 秋田県(82.3歳)
  • 46位 - 沖縄県(81.9歳)
  • 47位 - 青森県(81.6歳)

外部リンク[編集]