世子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
嗣子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが世子の項目をおカタく解説しています。

世子(せいし)とは、世界史的に見て、君主制や世襲制の国家である場合、その国家の元首の世継ぎの地位を指す言葉である。世嗣(せいし)と書かれる場合もあり、また嗣子(しし)と称される場合もある。日本の場合、嫡男(ちゃくなん)もほぼ同意語と見てよいかもしれないが、たまに嫡男でありながらも、世継ぎになれない例も存在するため[1]、微妙に違うところがある。

日本で有名な織田信長などは3男であったが[2]、上の兄(織田信広など)は妾腹の子であったため、世継からは除外されて信長が世子・嫡子となっている。信長の世継の場合も、妾腹の長男である信正は除外され、信忠が世子・嫡子に選ばれている[3]

江戸時代になると藩主の世継が世子となった。また、江戸幕府のトップである征夷大将軍の世継は将軍世子(しょうぐんせいし)と称され、世子になると従二位権大納言に叙任されることが通例となった[4]。また、将軍世子は江戸城西の丸に居住することから「西の丸様」と称された。

脚注[編集]

  1. 武田信玄の長男・義信は嫡男であったが、諸事情により廃嫡された。
  2. 信長に関しては次男説もある。
  3. 信正に関しては実在が疑われている。また、信忠も妾腹の子であるが、信長の正室・濃姫養子になったため、形式的には正室の子となった。
  4. 第12代将軍・徳川家慶は父の家斉が長命だったことから、世子の内に内大臣に就任する異例事態となっている。