営団ブザー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

営団ブザー(えいだんブザー)は、東京メトロ(旧・帝都高速度交通営団)の駅で使用される発車サイン音の通称。

概要[編集]

JRをはじめとする多くの鉄道事業者では「ポロロロロロ」というようなベル音を採用しているが、営団地下鉄→東京メトロでは特殊な単音によるブザーを長年使用している。明確な使用開始時期は不明だが、少なくとも1956年の丸ノ内線淡路町-東京間開業時には使用されていた(写真左上ラッパ型の機械が営団ブザー発生装置)ものと見られ、一説には戦前から使用されていたという情報もある。

長らく他事業者との共用駅を除く営団地下鉄の全駅で使用されたが、1991年南北線開業時に同線に発車メロディが導入されたことを皮切りに、全9路線でブザーを使用する駅が減少を開始。

将来的には東京メトロ全駅(他事業者との調整が必要な共同使用駅、また地上駅であり民家が近接している茗荷谷駅を除く)で発車メロディに置き換えられる方針であり、2020年1月現在では日比谷線への導入を残すのみとなった。

ただし、千代田線内各駅に発車メロディが導入されてからも唯一営団ブザーのまま残っていた北千住駅で導入予定だった曲が丸ノ内線支線の中野坂上駅2番線に転用されたため、北千住駅にも営団ブザーが残存する可能性が高くなっている(理由不明。一説には改札内で接続している常磐快速線や戸籍を共有する常磐線各駅停車が関係しているとされるが、この駅の千代田線ホームは完全に東京メトロ構内である)。

営団ブザー残存駅[編集]

2020年1月現在。

以下は開業以来一度も営団ブザーが導入されたことのない路線。

朝ラッシュ時限定で営団ブザーを使用している駅[編集]

駅側で営団ブザーを鳴らしている駅。車上メロディ側の営団ブザーはここでは省略する。

また、放送装置の故障や停止位置の都合により一時的にブザーが使用される場合もある。(例:北綾瀬駅、乃木坂駅)

種類[編集]

以下に示す音程は独自に耳コピしたものであり、正確な音程を表すものではない。[ ]で囲ったものは和音で鳴るもの。

  • C♯6 - 千代田線北千住駅(1番線)、銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅(旧2・3番線[2番線は映像など情報求む!]
  • [F5 G5 C6]×6 - 日比谷線・東西線茅場町駅(旧1 - 4番線)。2003年10月まで使用された、6打点が3回繰り返される特殊なチャイム。
  • B5 - 千代田線北千住駅(旧1番線)
  • D5 - 半蔵門線三越前駅(旧3番線)
  • C♯5 - 標準タイプ
  • C5 - 採用例多数(車上メロディー、北千住駅2・6・7番線など)
  • A♯4 - 半蔵門線押上駅(旧3番線)
  • G♯4 - 有楽町線小竹向原駅(旧2 - 4番線[3・4番線は映像など情報求む!]
  • [F♯4 A♯4] - 半蔵門線押上駅(旧4番線)
  • [A3 C4 D♯4] - 半蔵門線表参道駅(旧3番線)
この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

脚注[編集]