チューバ

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チューバ(tuba)とは、コントラバスの音域である荘重な低音を持つ金管楽器。オーケストラや吹奏楽などで、最も低い音域を支え、重厚な響きを持ち、ハーモニーで、和音(コード)の基本形や転回形の最低音を担当する。最もよく使われているのはB♭管(ドイツ式表記ではB管)。記譜するときはどの管も移調楽器ではなく実音(原調)で記譜される。音域は3オクターブ弱。4本〜5本のバルブを持ち、バルブシステムにはピストン式とロータリー式の2種類がある。ピストン式には、弁が直立した「アップライト型」と、弁が横倒しに並んでいる「フロント・アクション」がある。ベルの直径は約40cm〜50cm。

Wikipedia-logo.pngウィキペディアチューバの項目があります。

関連項目[編集]