よみもの:地球の未来

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Smiley.svg よみものページ
この「よみもの」は、他ユーザーの編集も歓迎いたします。
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが地球の未来の項目をおカタく解説しています。

地球未来(ちきゅうのみらい)とは現在より時間の進んだ地球の姿のことをいう。

概要[編集]

  1. 未来のことはまだ不確実なことが多く、未知の分野である。
  2. 詳しいことや学術的なことはウィキペディアに立派なものがあるのでどうぞ。
  3. 地球の将来という重大なことにも関わらず、これに関する書籍は、過去のことである「地球の歴史」や近未来、せいぜい100年以内の「地球環境の温暖化」に比べて圧倒的に少なく、地球関係の書籍本文に数ページ、ときには数行ということがある。(某図書館や書店での店頭での確認)。これについての日本国内での研究、論文発表も少なく、日本国内で発表されているものは海外のものが多い。ウィキペディアの「地球の未来」の脚注より。

学問としての歴史[編集]

地球物理学天文学の発達により、地球の過去の姿がわかるにつれ、地球の未来の姿も予想出来るようになった。

太陽の成長[編集]

太陽光度太陽が誕生してから1億年に10%増強している。水素核融合によってヘリウムに変化するが、それにより、太陽の中心部は圧力が下がって温度が上がり、核融合の効率が上がって質量は大きくなり、

地球の姿[編集]

火山噴火大陸移動、巨大隕石の衝突、地軸の傾きの変化、外核固体化、地磁気の消滅が予想される。これ以外にも様々な自然現象が起きる可能性がある。

生物の今後[編集]

ドゥーガル・ディクソンの「アフターマン」は50001981年ドゥーガル・ディクソンジョン・アダムスの「フューチャー・イズ・ワールド」は200001981年の世界を予想していたが、その後の世界は、生物の絶滅まで起きる様々な出来事の可能性が説明される。
太陽光度の増強による気温の上昇、それによる二酸化炭素の減少、地軸の傾きの変化による気温の変化、外核の固体化による地磁気の消滅から宇宙線の照射により生物の生存に難しい環境となり、さらなる気温の上昇による大気の消滅、地殻の溶解により最終的に地球上のすべての生物が絶滅すると考えられている。

地球の最期[編集]

  • 巨大化した太陽は水星金星を飲み込み、遂には地球も飲み込んでしまう。
  • 一応、太陽が最期を迎える際には、質量の放出があって地球の軌道が外側にずれて、ギリギリ飲み込まれない、っていう説も確かあった。

現代の各国政権の取り組み[編集]

2021年現在、公式に存在しない。

キリスト教的には[編集]

以下のような聖句により、地球そのものが滅びる事は無いとされている。

天を創造された主、すなわち神であってまた地をも造り成し、これを堅くし、いたずらにこれを創造されず、これを人のすみかに造られた主はこう言われる、「わたしは主である、わたしのほかに神はない。

イザヤ書(口語訳)45章18節

むしろ地球が破滅に向かう際に、全能の神が介入すると考えられている。

そして、神のみまえで座についている二十四人の長老は、ひれ伏し、神を拝して言った、「今いまし、昔いませる、全能者にして主なる神よ。大いなる御力をふるって支配なさったことを、感謝します。諸国民は怒り狂いましたが、あなたも怒りをあらわされました。そして、死人をさばき、あなたの僕なる預言者、聖徒、小さき者も、大いなる者も、すべて御名をおそれる者たちに報いを与え、また、地を滅ぼす者どもを滅ぼして下さる時がきました」。

ヨハネの黙示録(口語訳)11章16節から18節

  • 地球を滅ぼすのは太陽だから、神は太陽を滅ぼすのですか?

平家物語では[編集]

生きているものは必ず死ぬ、形あるものは崩れ去るであろう、まさしく地球の最期を予言しています。

参考文献[編集]

その他[編集]

脚注[編集]