黒川武

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒川 武(くろかわ たけし、1928年4月1日[1] - )は、労働運動家。日本労働組合総評議会(総評)最後の議長。

経歴[編集]

群馬県出身。1945年旧制館林中学校卒業[2][3]。1946年帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)に入社[3]。1948年中央大学専門部商科卒業。神田駅助役を経て、1957年帝都高速度交通営団労働組合(営団地下鉄労組)執行委員、1962年同労組委員長。1974年日本私鉄労働組合総連合会(私鉄総連)副委員長、1980年同委員長。1983年日本労働組合総評議会(総評)議長。1987年11月の全日本民間労働組合連合会(民間連合)結成に貢献[2]。1988年私鉄総連会長[4]。1989年11月の総評解散とともに労働界を引退[2]日本労働組合総連合会(連合)顧問[5]。のち私鉄総連顧問、運輸審議会委員[6]全労済協会顧問[7]。1999年勲一等瑞宝章を受章[2]

著書[編集]

  • 『権利闘争の前進をめざして――青木宗也先生還暦記念』(山本博、江田虎臣、武藤久丸山康雄真柄栄吉共編、エイデル研究所、1984年)

出典[編集]

  1. デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説 コトバンク
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 高木郁朗監修、教育文化協会編『日本労働運動史事典』明石書店、2015年、84頁
  3. 3.0 3.1 芦村庸介『大企業労使の喧曄祭り――みこしを先導する若衆頭たち』日本労働協会、1982年
  4. 仲衛『労働省研究』行研出版局、1990年
  5. 国民政治年鑑編集委員会編『国民政治年鑑 1990年版』日本社会党中央本部機関紙局、1990年
  6. 朝日新聞社編『朝日年鑑 キーパースン 1994年版』朝日新聞社、1994年
  7. 「絆を紡ぎ未来を奏でる勤労者ネットワークの構築」 : 財団法人全労済協会創立30周年記念誌Icons-mini-file acrobat.gif PDF』全国勤労者福祉・共済振興協会、2013年4月