足利満隆

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

足利 満隆(あしかが みつたか、? - 応永24年1月10日1417年1月27日))は、室町時代前期の足利氏の一族。父は第2代鎌倉公方足利氏満[1]。兄は第3代鎌倉公方の足利満兼[1]。他の兄弟に満直満貞満季。子に満康養子持仲[1]上杉禅秀の乱で一時的に鎌倉公方を称したが[1]、歴代には数えられていない。

生涯[編集]

応永16年(1409年)に兄の満兼が死去してその息子の足利持氏が第4代鎌倉公方に就任すると、満隆は公方の地位をめぐって持氏と対立し、応永17年(1410年)に謀反の噂が流れて満隆は関東管領であった上杉憲定の屋敷に一時避難する騒動まで起きている[1]。この際は憲定が仲裁に乗り出し、持氏の実弟である持仲を満隆の養子にする事で和解した[1]。しかしその仲裁役の憲定は2年後に病死。新しい関東管領になった上杉禅秀は持氏と対立して管領職を罷免され、冷遇された者同士ということで満隆に接近[1]。満隆は養子の持仲や篠川御所であった兄弟の足利満直の賛同を得て、さらに第4代将軍・足利義持の弟・足利義嗣とも通じて応永23年(1416年10月2日鶴岡八幡宮別当坊を本拠として挙兵した[1]。これが上杉禅秀の乱であるが、突然の挙兵だったために軍備が不十分だった持氏は敗れて鎌倉を追われ、満隆は新たに鎌倉公方を自称する[1]

しかし室町幕府の将軍・足利義持が持氏を支持して駿河守護今川範政に派兵を命じ、また持氏と同じように鎌倉を追われた上杉憲基上野越後の軍を率いて鎌倉に攻め寄せたため、満隆は遂に支えきれず応永24年(1417年)1月10日に鶴岡八幡宮別当坊で養子の持仲、管領の禅秀と共に自殺した[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 安田元久 編『鎌倉・室町人名事典コンパクト版』新人物往来社、1990年、P25

参考文献[編集]