治水

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

治水(ちすい)とは、洪水・高潮・津波などの水害や、土砂崩れ・土石流などの降雨による土砂災害から人間の生命・財産・生活を防御するために行う事業をさす。

概要[編集]

河川工学の部門としては最も重視される分野である。政治の「治」の文字は元来治水の意味であり、公共事業の根本であった。具体的には、堤防・護岸・貯水用ダム・貯水池・放水路・遊水池などの整備や、河川流路の付け替え、氾濫地における人間活動の制限、などが含まれる。

河川の3作用[編集]

河川に流れ込んだ水は上流で岩石を削り取り、下流へと運搬して堆積する。この一連の作用を河川の3作用という。流水の運搬力は流速の6乗に比例することから、豪雨や雪解け、ダムの放水によって流速が増すと流水の運搬力は飛躍的に増大し、非常に危険である。

河川の浸食作用[編集]

沿革[編集]

日本では江戸時代から徳川幕府大名が主導して本格的に行われた。

現状[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 室田明『河川工学』技報堂出版2001年1月31日1版10刷発行
  • 山村調査グループ『村の記憶』桂書房2004年11月3日増補改訂
  • 力武常次、都築嘉弘『チャート式シリーズ新物理ⅠB・Ⅱ』数研出版株式会社新制第11刷1998年4月1日発行
  • 矢野隆、大石隼人『発変電工学入門』森北出版株式会社2000年9月13日第1版第4刷発行

その他[編集]

脚注[編集]