貯水池

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

貯水池(ちょすいち)とは、人為的に目的を持って造られた池のこと。農作物(主に水稲)への水野安定的な供給のためにつくられている。

概要[編集]

人が人工的な池を造る理由は、古くは農作物(主に水稲)への水野安定的な供給であったが、現代では災害対策、水力発電、工業用水、飲料水確保等多目的となり、池ではなくダムと一体になった人工湖が多くつくられるようになった[1]

脚注[編集]

  1. コトバンク”. 貯水池. デジタル大辞泉の解説. 2016年12月12日確認。