旧大社駅本屋

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

旧大社駅本屋(きゅうたいしゃえきほんや)は、島根県出雲市大社町大字北荒木の近代様式建築。

木造、平屋建、桟瓦葺、正面車寄及び背面見張所付、背面改札柵附属、西面して建つ。正面中央の車寄を突出した中央棟から両翼を延ばし南北に細長い左右対称の構成とする。全体的に和の意匠でまとめた特徴的な建築で変化に富んだ屋根を戴せて軸部と漆喰壁や窓が織りなす対比によって左右対称の厳格な構成の中に華やかな外観を構成している。出雲大社参詣の表玄関として大正13年2月に完成した。優れた意匠の木造和風鉄道駅舎として我が国を代表する建築であるとともに、廃線後も旧地にほぼ建築当初の姿をとどめたまま保存されている。鉄道興隆期の地方駅舎の姿を知るうえでも重要である。

外部リンク[編集]