安西有味

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

安西 有味(あんざい ありみ、? - 天正10年3月11日[1]1582年4月3日))は、戦国時代武将甲斐武田家家臣

生涯[編集]

父は安藤伊賀守とされる[1]。官途は平左衛門尉[1]。受領名は父と同じ伊賀守か[1]

武田勝頼に仕え、天正4年(1576年)から龍朱印状奏者として活動している[1]。天正6年(1578年)3月には山論の裁許手形を発給し、天正8年(1580年)に伊賀守に叙任する[1]

天正10年(1582年)の織田信長による武田征伐で主君の勝頼一行に最後まで従い、父親が後北条氏の外交を担当していた経緯から勝頼正室の北条夫人小田原城にいる実兄の北条氏政を頼って落ち延びるように説得を務めたと『甲乱記』は記録している。

しかし北条夫人はこの説得に応じず勝頼と共に死を選び、安西も勝頼に従って田野で戦死した[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 柴辻俊六・平山優 『武田勝頼のすべて』新人物往来社、2007年、P219

参考文献[編集]

  • 柴辻俊六平山優 『武田勝頼のすべて』(新人物往来社、2007年) ISBN 978-4-404-03424-3