安倍宗貞

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安倍 宗貞(あべ むねさだ、? - 天正10年3月11日1582年4月3日))は、戦国時代武将である。甲斐武田家家臣。官途は五郎左衛門尉[1]。受領名は加賀[1]

生涯[編集]

武田信玄に仕え、永禄5年(1562年)に武田勝頼信濃高遠城主になるに従い、勝頼付の近臣となった[1]。天正7年(1579年)、春日信達に代わって信濃川中島城代に就任し、川中島4郡の支配を担当した[1]。天正9年(1581年)12月に甲斐に帰還し、勝頼側近の奉行衆として活動する[1]。天正10年(1582年)3月、織田信長武田征伐で最後まで勝頼に忠誠を尽くし、田野において勝頼に殉じて自刃した[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 柴辻俊六・平山優 『武田勝頼のすべて』新人物往来社、2007年、P219

参考文献[編集]

  • 柴辻俊六平山優 『武田勝頼のすべて』(新人物往来社、2007年) ISBN 978-4-404-03424-3