労働運動総合研究所

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

労働運動総合研究所(ろうどううんどうそうごうけんきゅうじょ、英語:Japan Research Institute of Labour Movement)は、全国労働組合総連合(全労連)系のシンクタンク[1]。略称は労働総研。1986年12月の統一労組懇86年度臨時総会で「シンクタンク(政策集団)設立」が提案され、87年度総会決定で「シンクタンク設立準備会」が発足。1989年11月21日に全労連、同年12月21日に労働総研が設立された。設立時の代表理事は黒川俊雄戸木田嘉久[2]。機関紙は月刊『労働総研ニュース』、季刊『労働総研クォータリー』、『Rodo-Soken Journal』(英文)。全労連・労働総研編『国民春闘白書』を学習の友社から毎年発行している。

所在地[編集]

出典[編集]

  1. 「全労連と共同して調査・研究活動を行っている労働運動総合研究所(労働総研)」(『しんぶん赤旗』2020年1月23日付)、「全労連と共同して調査・研究に取り組む労働運動総合研究所(労働総研)」(『しんぶん赤旗』2021年1月21日付)。
  2. 戸木田嘉久『労働運動の理論発展史――戦後日本の歴史的教訓(下)』新日本出版社、2003年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]