出エジプト記

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
出エジプト記
(Book of Exodus)
ジャンル 旧約聖書
著者 モーセ

出エジプト記(しゅつエジプトき、英:Book of Exodus)とは、旧約聖書中に含まれる、古い書物。創世記の次の世代の歴史の書である。

概要[編集]

ヨセフの恩を忘れたファラオがイスラエル人を虐げる。モーセが荒野でヤハウェに会い、虐げられているイスラエル人を解放するため、エジプトに十の災いをもたらすのは有名。紅海の水を分けて歩いて渡るのも有名。

しかしその後は解放された恩を忘れたかのように行動するイスラエル人にヤハウェやモーセが怒る場面が目立つ。その後はたくさんの規定が書かれている。俗に十戒と言われるものだが、どう見ても10以上ある。

考察[編集]

紅海の水を2つに分けた行為により、「モーゼ効果」などと呼ばれる現象もあるが、紅海の海底を調べたところ、当時のエジプトの戦車の残骸とみられるものに珊瑚がくっついて成長したと見られる跡があり、実際に起きた出来事だったと分かる[1]。因みに、モーセが割った海は紅海ではないという説があり、新共同訳聖書では「葦の海」と和訳されている。

「葦の海」は現在の「jawp:アカバ湾」に相当するという意見はある[2]

脚注[編集]

  1. #1 ドキュメンタリー「シナイの砂漠と出エジプトの道筋」日本語字幕”. サンライズミニストリー (2012年7月4日). 2018年11月17日確認。7:30以降
  2. 葦の海に通じる荒野の道”. はてなブログ (2018年4月23日). 2019年3月12日確認。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

旧約聖書
モーセ五書創世記 - 出エジプト記 - レビ記 - 民数記 - 申命記
ヨシュア記 - 士師記 - ルツ記 - サムエル記上 - サムエル記下 - 列王紀上 - 列王紀下 - 歴代志上 - 歴代志下 - エズラ記 - ネヘミヤ記 - エステル記 - ヨブ記 - 詩篇 - 箴言 - 伝道の書 - 雅歌 - イザヤ書 - エレミヤ書 - 哀歌 - エゼキエル書 - ダニエル書
小預言書ホセア書 - ヨエル書 - アモス書 - オバデヤ書 - ヨナ書 - ミカ書 - ナホム書 - ハバクク書 - ゼパニヤ書 - ハガイ書 - ゼカリヤ書 - マラキ書
新約聖書
福音書マタイによる福音書 - マルコによる福音書 - ルカによる福音書 - ヨハネによる福音書
使徒行伝 - ローマ人への手紙 - コリント人への第一の手紙 - コリント人への第二の手紙 - ガラテヤ人への手紙 - エペソ人への手紙 - ピリピ人への手紙 - コロサイ人への手紙 - テサロニケ人への第一の手紙 - テサロニケ人への第二の手紙 - テモテへの第一の手紙 - テモテへの第二の手紙 - テトスへの手紙 - ピレモンへの手紙 - ヘブル人への手紙 - ヤコブの手紙 - ペテロの第一の手紙 - ペテロの第二の手紙 - ヨハネの第一の手紙 - ヨハネの第二の手紙 - ヨハネの第三の手紙 - ユダの手紙 - ヨハネの黙示録
外典エノク書
  
他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク