エステル記

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

わたしがもし死なねばならないのなら、死にますエステル

エステル記
(Book of Esther)
ジャンル 旧約聖書
著者 不明(モルデカイ?)
その他 西暦前493~475年頃の話?

エステル記(エステルき、英:Book of Esther)とは、旧約聖書中に含まれる、古い書物。口語訳聖書中だと17番目。

概要[編集]

古代ペルシャ(現在のイラン辺り)でのお話。エステルというユダヤ人の一人の女性が、王妃の地位に就いた後に、同胞を守るために命掛けで行動するというサクセスストーリー。

登場人物[編集]

アハシュエロス王
当時のペルシャの王。アケメネス朝ペルシアのクセルクセス1世という説が有力視されている。
七人の大臣
「カルシナ」「セタル」「アデマタ」「タルシシ」「メレス」「マルセナ」「メムカン」
王の前に仕える七人の侍従
「メホマン」「ビズタ」「ハルボナ」「ビグタ」「アバグタ」「ゼタル」「カルカス」
ワシテ
美しかった王妃。王から酒宴(宴会)に呼ばれたが来るのを拒否した事で王の怒りを買い、大臣メムカンの提案に基づき、王妃の座を失う。
ヘガイ
「婦人をつかさどる王の侍従」。王妃の選定の仕事に携わった。
シャシガズ
「そばめたちをつかさどる王の侍従」。王妃の選定の仕事に携わった。
モルデカイ
当時の首都スーサに住むユダヤ人。元はエルサレムに住んでいたがバビロン捕囚により移住している。ベニヤミンの家系だった模様。
父母を亡くしたエステルを引きとって養い、育てていた。
エステル(ハダッサ)
モルデカイのおじアビハイルの娘。両親と死別後、モルデカイの娘として扱われている。王妃となった当初は自分がユダヤ人である事は隠していた。
ビグタンとテレシ
「王のへやの戸を守る者」のうちの2人。王の暗殺を企んでいた事がモルデカイに知られ、エステルを通して王に告げられ処刑された。
ハマン
アガグびとハンメダタの子。大臣たちより上に就くが、ひざまずいて敬礼をしなかったモルデカイに怒り、ホロコーストみたいに国内のユダヤ人を皆殺しにする計画を企てる。
ゼレシ
ハマンの妻。モルデカイの処刑用に高さ五十キュビトの木を立てさせるよう、ハマンに提案した。

各章リスト[編集]

話数 概要
第1章 王妃ワシテの失脚。
第2章 エステルが王妃になる。王の暗殺計画は未遂に終わる。
第3章 ハマンの企てが伝令で国中に伝わる。
12/13に一日のうちにユダヤ人は滅ぼされる事に。
第4章 異変に気づき、覚悟を決める王妃エステル。
第5章 王とハマンはエステルの酒宴に招かれ、翌日の酒宴にも招かれる。
第6章 眠れない王と、思い出される暗殺未遂事件。
王の栄誉を受けるモルデカイと、憂い悩むハマン。
第7章 酒宴の席で命乞いをするエステル。処刑されるハマン。
第8章 モルデカイとエステルによるユダヤ人救済計画。
12/13(ユダヤ暦?)にユダヤ人に襲ってくる敵には抵抗して滅ぼす許可を王から取り付けた。
第9章 12/13にユダヤ人を滅ぼそうとする者をユダヤ人が滅ぼし、75,000人を討ち取る。
その後、酒宴を設けた12/14と15は「プリムの日」とされ、記念日に。
第10章 ユダヤ人モルデカイはアハシュエロス王に次ぐ者となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

旧約聖書
モーセ五書創世記 - 出エジプト記 - レビ記 - 民数記 - 申命記
ヨシュア記 - 士師記 - ルツ記 - サムエル記上 - サムエル記下 - 列王紀上 - 列王紀下 - 歴代志上 - 歴代志下 - エズラ記 - ネヘミヤ記 - エステル記 - ヨブ記 - 詩篇 - 箴言 - 伝道の書 - 雅歌 - イザヤ書 - エレミヤ書 - 哀歌 - エゼキエル書 - ダニエル書
小預言書ホセア書 - ヨエル書 - アモス書 - オバデヤ書 - ヨナ書 - ミカ書 - ナホム書 - ハバクク書 - ゼパニヤ書 - ハガイ書 - ゼカリヤ書 - マラキ書
新約聖書
福音書マタイによる福音書 - マルコによる福音書 - ルカによる福音書 - ヨハネによる福音書
使徒行伝 - ローマ人への手紙 - コリント人への第一の手紙 - コリント人への第二の手紙 - ガラテヤ人への手紙 - エペソ人への手紙 - ピリピ人への手紙 - コロサイ人への手紙 - テサロニケ人への第一の手紙 - テサロニケ人への第二の手紙 - テモテへの第一の手紙 - テモテへの第二の手紙 - テトスへの手紙 - ピレモンへの手紙 - ヘブル人への手紙 - ヤコブの手紙 - ペテロの第一の手紙 - ペテロの第二の手紙 - ヨハネの第一の手紙 - ヨハネの第二の手紙 - ヨハネの第三の手紙 - ユダの手紙 - ヨハネの黙示録
外典エノク書
  
他事典リンク¦ウィキペディア ¦コトバンク