中原一

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

中原 一(なかはら はじめ、1940年 - 1977年2月12日[1])は、日本の新左翼活動家。本名・笠原正義[2]革命的労働者協会社青同解放派)の最高指導者[3]。革労協書記局長、社青同解放派筆頭総務委員[4]

略歴[編集]

広島県江田島生まれ。神奈川県立湘南高校卒業。1959年、東京大学入学[1]。在学中の1961年、社会主義青年同盟(文京支部東大本郷班)加盟[1][† 1]。1966年、社青同学生班協議会解放派が結成され、議長に就任[5][1]。1968年、社青同東京地本書記次長に就任[1]。1969年、社青同東京地本書記長に就任[5][1]。東大文学部卒業後[2]、1969年9月、革命的労働者協会(社青同解放派)の結成に参加。以降、書記局員として社青同解放派を指導した[5][1]

1977年2月11日、茨城県取手駅付近で、革マル派メンバーに乗っている車を挟み撃ちにされ、鉄パイプで頭などを滅多打ちにされ、翌12日朝、頭蓋骨骨折で死亡した[4]。享年36歳[1]

この事件後、革マル派は事実上犯行を認めるコメントを発表した。革労協は機関紙で革マル派との「『戦争』関係に突入した」とし、4月15日に埼玉県浦和市内で、政治局員藤原隆義[6]革マル派メンバー4人を焼き殺した[4]

革労協は中原が殺害されことを契機に狭間嘉明ら内ゲバ・軍事路線志向の「狭間派」(少数派)と滝口弘人高見圭司ら大衆運動・労働運動を重視する「反狭間派」(多数派)とが対立、1981年6月に分裂した[7]

著書[編集]

  • 『共産主義「復活」の諸問題――階級闘争の現段階と革命の展望』 高見出版、1970年
  • 『中原一著作集』全3巻 中原一著作集編集委員会編集、中原一著作集編集委員会、1978-81年

分担執筆[編集]

  • 『現代革命の条件』 現代史の会編、亜紀書房、1969年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 『戦後革命運動事典』では「社青同学生班協議会東大本郷班」[5]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 『蜂起には至らず』270頁
  2. 2.0 2.1 『蜂起には至らず』266頁
  3. 山崎一夫「革命的労働者協会」『戦後革命運動事典』53頁
  4. 4.0 4.1 4.2 『新左翼二十年史』218-219頁
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 板橋真澄「中原一」『戦後革命運動事典』201頁
  6. 警備研究会『わかりやすい極左・右翼・日本共産党用語集〔四訂〕』立花書房、2012年、133頁
  7. 『わかりやすい極左・右翼・日本共産党用語集〔四訂〕』135頁

参考文献[編集]

  • 小嵐九八郎『蜂起には至らず――新左翼死人列伝』講談社(講談社文庫)、2007年
  • 戦後革命運動事典編集委員会編『戦後革命運動事典』新泉社、1985年
  • 高沢皓司、高木正幸、蔵田計成『新左翼二十年史――叛乱の軌跡』新泉社、1981年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]