与那国島

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア与那国島の項目があります。
地図
日本最西端の碑
西崎から見える久部良の街

与那国島(よなぐにじま)は、日本最西端の島。住所は沖縄県与那国町。なお、日本の東西南北の端の中では唯一、誰もが通常の交通手段で訪れられる島である[1]。人口は1618人で、面積は28.88㎢。

地理[編集]

台北から160km、石垣島から120km、那覇市から510km、東京都から2000km以上も離れた海上にある、国境の島である。サツマイモのような形をしている。中でも西崎日本最西端の地である。最高峰は宇良部岳で、標高は231m。

交通[編集]

空港[編集]

那覇空港新石垣空港から直行便が就航している。所要時間は那覇から約90分、石垣からは約30分。

[編集]

  • 久部良港
    • 石垣港へ向かうフェリーが就航している。石垣までは約240分。

見どころ[編集]

施設[編集]

郵便局[編集]

教育[編集]

小学校
中学校

特産品[編集]

脚注[編集]

  1. 択捉島はロシアによって不法占拠中。沖ノ鳥島は作業員、南鳥島は気象庁職員のみ立入可。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]