出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちがの項目をおカタく解説しています。

曖昧さ回避 ここでは、食塩について説明しています。酸とアルカリの中和反応によって生成する塩についてはウィキペディアをご覧ください。


(しお)とは、塩化ナトリウムを主成分とした調味料である。

概要[編集]

岩塩海水から作られる。古くから調味料として使われ、製造や販売は時の政府が深く関わったこともある。塩辛い、しょっぱい[1]という言葉の由来となっており、人によって好みが別れるが、おそらく多くのひとが味わったことがあるだろう。高級料理などでは、胡椒などといった調味料と合わせ、深みのある味付けをするために使用されるが、和食では塩だけで味付けし、シンプルな味わいとするものが多い。

製造方法[編集]

原始的な作り方は以下の通り

  1. 海水をシートの上に撒く
  2. 天日干しする

簡略化しているがこれで完成となる。

  • 現代ではイオン交換膜を使用して製造されている。

経済[編集]

専売制度や公定価格など、様々な保護政策を与えられた。

ブランド[編集]

人体への影響[編集]

人体にとっては必須の無機質だが、取り過ぎると生活習慣病を含む様々な悪影響を与える。

比喩[編集]

  • イエス・キリストは群衆に「あなたがたは、地の塩である。」と言われた事がある[2]。美味しく食べられるという意味ではなく、腐敗を防ぐ効果という意味。

いつも、塩で味つけられた、やさしい言葉を使いなさい。そうすれば、ひとりびとりに対してどう答えるべきか、わかるであろう。

使徒パウロ、コロサイ人への手紙(口語訳)4章6節

その他[編集]

脚注[編集]

  1. 塩っぱい→しおっぱい→しょっぱい
  2. マタイによる福音書(口語訳)5章13節

関連項目[編集]

外部リンク[編集]