プラナブ・ムカルジー

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアプラナブ・ムカルジーの項目があります。

プラナブ・クマール・ムカルジー英語:Pranab Kumar Mukherjee、1935年12月11日 - 2020年8月31日)は、インド政治家。インドの13代大統領(2012年7月-2017年7月)。インド国民会議派所属。中央政府の大臣を歴任した。日本の報道では主に「ムカジー」や「ムケルジー」と英語名で呼ばれるが、ヒンディー語での発音は「ムカルジー」。

略歴[編集]

英領インド帝国ベンガル(現在のインド東部の西ベンガル州)に生まれる。教師ジャーナリストなどを経験した後、1969年上院議員に就任。野党の国民会議派の実力者として、財務大臣国防大臣外務大臣などを歴任。2012年から2017年にかけては大統領を務めた。

2020年8月10日Twitterにおいて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で陽性になったことを明らかにし、同日に脳内の血栓の除去手術を受けている。それから間もない8月31日、インドの首都・ニューデリー病院死去した。84歳没。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]