鮎沢巌

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鮎沢 巌(あゆさわ いわお、1894年10月5日 - 1972年11月30日)は、元・ILO職員。国際基督教大学名誉教授[1]

経歴[編集]

茨城県久慈郡太田町(現・常陸太田市)で元水戸藩士の次男として生まれた[2][3]芝中学校在学中、安部磯雄ユニテリアン教会や社会主義協会に足を運び、その社会改良思想に影響を受けた。1911年芝中学校を卒業[2]フレンド平和奨学会の奨学生としてアメリカ合衆国に留学[4][5]ハワイ中央太平洋学院(ハイスクール)、ホイットマンカレッジを経て、1915年ハバフォード大学に入学[2]、社会学と社会事業(特に社会問題と労働問題)を学ぶ。1917年ハバフォード大学を卒業。コロンビア大学のニューヨーク・ソーシャルワーク・スクールに入学、労働問題を専攻。国際労働立法論に関する博士論文を提出。1920年コロンビア大学を卒業[5]ILO帝国代表ジュネーブ事務所に勤務[2]。1923年から日本国際連盟を脱退した1933年までILO本部に勤務[2][4]。1934年日本に帰国し[5]、1935年7月から日本がILOを脱退した翌年の1939年5月までILO東京支局長[6]。のち世界経済調査会常任理事[2]啓明学園理事などを務めた[7]

戦後はGHQとの折衝にあたり、対日労働政策の立案と施行に重要な役割を果たした[4][8]。1945年10月労務法制審議委員会事務局長[4]。1946~1949年中央労働委員会(中労委)事務局長[9][注 1]、中労委公益委員[10]国士舘創立者の柴田徳次郎と芝中学校の同窓・友人であった縁で、1945年12月に至徳専門学校校長[5]、1947年に至徳中学校(現・国士舘中学校)校長、1948年に至徳高等学校(現・国士舘高等学校)・至徳商業高等学校校長となった[11]。1949年5月に校長を退任した後、ユネスコ在日代表部顧問[2]国際基督教大学教授(1952~1965年)[1]普連土学園理事長などを務めた[2]。1966年フランス永住のため離日[2]。1972年ノルマンディー地方[2]ブールアシャール村の病院で死去、78歳[4]。晩年は世界連邦建設同盟(現・世界連邦運動協会)理事長を務めた[4]

人物[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『ワシントンに於ける世界繊維工業会議報告』(述、木曜倶楽部[木曜倶楽部講演集 第4輯]、1937年)
  • 『世界に進出する日本の繊維工業――国際繊維工業三部制技術会議について』(講述、協調会調査部編、協調会調査部、1937年)
  • 『国際労働機関と日本』(国際労働局東京支局、1938年)
  • 『満洲国農業政策の発展』(世界経済調査会、1942年)
  • 『ヴェルサイユ體制の崩潰過程とその將來』(述、東洋經濟新報社出版部[經濟倶樂部講演 昭和18年 第1輯]、1943年)
  • 『世界経済理論報告会記録』(世界経済調査会、1943年)
  • 『民主主義の本質』(弘學社、1946年)
  • 『世界の労働運動史』(毎日新聞社、1947年)
  • 『勞働組合讀本』(政治教育協會、1947年)
  • 『社會思想と國際勞働』(東洋經濟新報社[東洋經濟講座叢書 第16輯]、1947年)
  • 『ストライキ』(二見書房、1948年)
  • 『真実の世界』(労働文化社、1949年)
  • 『アメリカの労働組合――新しい労働運動の指標』(養徳社、1950年)

共著[編集]

  • 『パルプの自給に就いて 勞働條件より見たる本邦纎維工業の世界的位地』(菊池寅七・鮎澤巖述、東洋經濟出版部[經濟倶樂部講演 第154輯]、1937年)
  • 『戰後の世界秩序について 楠公精神』(鮎澤巖・林彌三吉述、東洋經濟新報社出版部[經濟倶樂部講演 昭和17年 第10輯]、1942年)
  • 『勞働問題解決の方向』(小川半次共著、勞働文化社、1948年)
  • 『日本外國勞働運動史』(細谷松太共著、中央勞働學園[新勞働教育講座]、1950年)
    • 改訂版『日本外国労働運動史』(細谷松太共著、日本労政協会編、日本労政協会、1952年)
  • 『労働運動史』(細谷松太、渡辺惣藏共著、北海道庁労働部労働教育課編、日本労政協会[労働教育講座]、1952年)

訳書[編集]

  • ユージーン・ステーリイ『全訳 世界経済の転換』(佐藤敏行共訳、世界経済調査会、1941年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. 中央労働委員会事務局編『労委十年の歩みを語る』(中央労働委員会、1956年)によれば、1946年に中労委事務局長に任命された。賀川(1996)によれば、1947年から1949年まで中労委事務局長[3]。ハバフォード大学によれば、1948年まで中労委で働いた[5]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 組織 国際基督教大学(ICU)
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 2.9 浪江健雄「鮎澤 巌Icons-mini-file acrobat.gif PDF」『楓原 : 国士舘史研究年報』第3号、2011年
  3. 3.0 3.1 香川孝三「戦前期日本の労働組合とアジア(2)」『国際協力論集』4巻2号、神戸大学大学院国際協力研究科、1996年
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 萩原進「鮎沢巌」、朝日新聞社編『現代人物事典』朝日新聞社、1977年、56頁
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 Ayusawa, Iwao Frederick, (1894-1972) Papers, 1918-1964 ハバフォード大学
  6. 小史 ILO駐日事務所
  7. 清沢洌『暗黒日記』昭和19年5月11日
  8. 20世紀日本人名事典の解説 コトバンク
  9. 国際友和会・日本友和会の歴史Icons-mini-file acrobat.gif PDF 日本友和会
  10. 工藤幸男『日本とILO――黒子としての半世紀』第一書林、1999年
  11. 柴田德次郎―26歳の建学―Icons-mini-file acrobat.gif PDF」『国士舘大学新聞』第483号、2011年1月25日
  12. 12.0 12.1 回想のライブラリー(9) 一人ひとりが声をあげて平和を創る メールマガジン「オルタ広場」
  13. 日本友和会について 日本友和会
  14. 日本友和会年表(編集継続中) 日本友和会
  15. 渡辺章「第一章 昭和20年労働組合法Icons-mini-file acrobat.gif PDF」『労働組合法立法史料研究(解題篇・条文史料篇)』労働政策研究・研修機構(JILPT)、2014年
  16. 篠原初枝「国際連盟の遺産と戦後日本」『アジア太平洋討究』No.20、2013年
  17. 社会政策学会史料 『社会政策学会年報』第1輯所収の「学会記事」 社会政策学会

関連文献[編集]

  • 社会教育連合会編『新日本建設の道』印刷局、1948年
  • 福永武彦『随筆集夢のように』新潮社、1974年
  • 西條嫩子『父西條八十』中央公論社、1975年
  • 平凡社教育産業センター編『現代人名情報事典』平凡社、1987年
  • 鮎澤巖先生記念誌編集世話人編『鮎澤巖先生記念誌』久保庭信一、1998年
  • 松田忍「産業報国運動は手段か目的か──鮎澤巌の視点から」、法政大学大原社会問題研究所、榎一江編著『戦時期の労働と生活』法政大学出版局、2018年

外部リンク[編集]