長谷川初範

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディアの生真面目ユーザーたちが長谷川初範の項目をおカタく解説しています。

長谷川 初範(はせがわ はつのり、1955年6月21日 - )は、日本俳優

プロフィール[編集]

概要[編集]

旧芸名は長谷川 憬(はせがわ けい)長谷川 ショパン

北海道紋別北高等学校を経て、横浜映画放送専門学院(現・日本映画大学)演劇科卒業。

主な出演作品は『ウルトラマン80』、『真田太平記』、『101回目のプロポーズ』、『春よ、来い』、『葵 徳川三代』、『純情きらり』、『有閑倶楽部』、『幻の湖』、『南極物語』、『ガメラ 大怪獣空中決戦』、『北京原人 Who are you?』、『白い船』、『うん、何?』、『静かなるドン』など。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

WOWOW

関西テレビ

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

Webドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 朝に死す(1976年、事立社)
  • ええじゃないか(1977年、俳優座
  • おもろい女(1979年、芸術座、名古屋中日ホール)
  • 三島由紀夫 近代能楽集 葵上(1988年、三百人劇場)
  • 流転(1989年、三百人劇場)
  • ラヴレターズ(1998年、パルコ劇場
  • 泣いたらあかん(1999年、新歌舞伎座
  • ラヴレターズ(2002年、パルコ劇場)
  • ラストノート(2003年、博品館劇場
  • 双頭の鷲(2007年、パルコ劇場、梅田芸術劇場 他)
  • チャイコフスキー 心の旅(2007年、日生劇場
  • 愛、時を越えて 遙かなる時空の運命(さだめ)(2010年、松竹
  • 銀河英雄伝説(2011年、青山劇場) - フリードリヒ4世
  • テンペスト(2014年) - アントーニオ
  • キューティ・ブロンド(2017年) - キャラハン[2]
  • No.9 -不滅の旋律-(2015年) - ヴィクトル・ヴァン・ハスラー 役
    • No.9 -不滅の旋律-〈再演〉(2018年) - ヴィクトル・ヴァン・ハスラー 役
    • No.9 -不滅の旋律-〈再々演〉(2020年12月13日 - 2021年1月7日(※12月31日はABEMAイープラスからライブ配信もあわせて行う。[3][4])、TBS赤坂ACTシアター / 【11月、オーストリア・ウィーン(フォルクス劇場)※ベートーヴェン生誕250周年の記念公演として開幕が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染状況を考慮し公演中止となった。[5]) - ヴィクトル・ヴァン・ハスラー 役

アニメ映画[編集]

1999年[編集]

ゲーム[編集]

2001年[編集]

PV[編集]

バラエティ[編集]

情報番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 地中海沿岸紀行 「モロッコ」「スペイン」(2006年、旅チャンネル
  • あなたもアーティスト 仲道郁代のピアノ初心者にも弾けるショパン(2010年8月 - 10月、NHK教育)
  • 欧州鉄道の旅BSフジ) - ナレーション

CM[編集]

音楽[編集]

シングル
  • 笑って!/想い出はワインを飲みほして(1980年、オレンジハウスレコード)
  • 私たちの道(2019年、 WESS RECORDS、参加作品)※One Hokkaido Project名義

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 「長谷川憬」名義
  2. 愛知万博にて公開
  3. 「長谷川ショパン」名義
  4. 「ショパン長谷川」名義

出典[編集]

  1. ULTRA GALAXY FIGHT THE ABUSOLUTE CONSPIRACY 【公式】『ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』”. 円谷プロダクション. 2020年9月24日確認。
  2. シアタークリエ ミュージカル『キューティ・ブロンド』”. 東宝 (2016年10月29日). 2016年10月29日確認。
  3. 稲垣吾郎の主演舞台『No.9-不滅の旋律-』大みそかにABEMAで生配信決定”. ORICON NEWS. 2020年12月22日確認。
  4. 稲垣吾郎主演の『No.9−不滅の旋律−』 イープラス「Streaming+」にて、大晦日公演のライブ配信が決定 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年12月22日確認。
  5. Inc, Natasha. “ベートーヴェン生誕250周年、稲垣吾郎出演「No.9」再々演決定(コメントあり)” (ja). ステージナタリー. 2020年8月29日確認。
  6. YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月11日確認。

外部リンク[編集]