群馬地震 (2018年)

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
移動先: 案内検索

群馬地震(ぐんまじしん)は2018年平成30年)6月17日15時27分、群馬県南部を震源として発生したマグニチュード 4.6の地震である。

概要[編集]

この地震で、渋川市で震度5弱の大きな揺れを記録した。震源の深さは20kmとだった。群馬県民の間では、群馬県は地震に強い県との風評があったがその定説が覆された。気象庁によると、群馬県を震源地とする震度5以上の地震は1918年からの観測史上初めて。

被害[編集]

緊急地震速報が発令された。

  • この地震による津波の発生はなかった。
  • 渋川市で大規模な断水が発生。前橋市や渋川市では、民家の屋根瓦が落ちる被害が出るなど、市民生活に深刻な影響を及ぼした。

地震像[編集]

  • 気象庁は当日の会見で「この地域ではあまり大きな地震が起きておらず、まれな地震だ」と指摘した。
  • 内陸直下で断層が押されてずれた逆断層型地震とみられる。気象庁は大久保断層との関係を否定した。
  • この地震の翌日に大阪府北部地震が発生したが、気象庁は群馬地震との関係はないと推定している。

出典[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関東地方で発生したおもな被害地震

外部リンク[編集]