種徳寺殿

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

種徳寺殿(しゅとくじてん、? - 寛永2年6月5日1625年7月9日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての女性後北条氏の一族。後北条氏の家臣であった小笠原康広に嫁いだ[1]

生涯[編集]

父に関しては『寛政重修諸家譜』では北条氏康、それに対して黒田基樹は疑義を呈しており、菩提寺が氏康の弟・為昌本光寺であることから、為昌の娘ではないかと新説を唱えている[2]

永禄年間(1558年 - 1570年)前期に康広と結婚した。康広とは仲が良かったのか、1男2女(長男:小笠原長房、長女:伊東政世室、次女:吉良氏広室)を生んでいる。ただ、彼女自身の詳しい経歴は不明である。ちなみに次女の夫である吉良氏広は北条氏綱の娘・崎姫の孫なので、いとこ同士の結婚である[2]

慶長2年(1597年)に夫が死去した後も長命を保ち、27年後の寛永2年(1625年)に死去している。法名は種徳寺殿恵光宗智大姉[2]

脚注[編集]

  1. 『戦国北条家一族事典』 戎光祥出版。2018年。P143
  2. 2.0 2.1 2.2 『戦国北条家一族事典』 戎光祥出版。2018年。P144

参考文献[編集]