白血病

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア白血病の項目があります。

白血病(はっけつびょう)とは、血液に含まれる白血球や白血球を生み出す元の細胞が異常に増殖する病気のことである。いわゆる血液のである。20歳未満の若年層がかかる癌の中では最も多いと言われている。

概要[編集]

原因[編集]

原因は根本的には不明であるが、ごく一部に遺伝性が確認されている。ほぼ突発的に発症している場合が多い。

症状[編集]

  • 息切れ
  • だるさ
  • 発熱

診断[編集]

主に健康診断の血液検査で発見されることが多い。ただし分類などの詳細な結果に関しては2週間から3週間の時間が必要となる。

分類[編集]

  • 急性 - 急性骨髄性白血病・急性リンパ性白血病・急性前骨髄球性白血病の3つに分かれている。これは癌化細胞が急速に増殖することで起こるものである。
  • 慢性 - 慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病の2つに分かれている。これは癌化細胞がゆっくり増殖して起こるものである。
  • 成人T細胞白血病。
  • 骨髄異形成症候群。

これらの分類は患者の年齢、進行の速さによる。また早期発見で治療した場合はかなり高い可能性で完治する場合が多い。

治療[編集]

治療選択に関しては「慢性」か「急性」かが重要となる。21世紀に入って治療成績は飛躍的に向上しているため、決して不治の病というわけでは無くなってきている。昔は病気が白血病であることが判明した場合で亡くなっている場合が多かったが、現在では治療により好転する例が多い。

治療としては分子標的治療薬と抗癌剤を併用する方法が主流である。移植に関しても進歩しつつあるとはいえ、やはりハイリスク・ハイリターンであることに変わりは無い。

  • 抗癌剤
  • 分子標的薬
  • 骨髄移植
  • 臍帯血移植

白血病にかかった著名人[編集]

年は白血病を発症した年に当たる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]