洞口朋子

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
Jump to navigation Jump to search

洞口 朋子(ほらぐち ともこ、1988年11月30日[1] - )は、中核派の活動家。全学連救援対策部、「前進チャンネル」キャスター。2019年4月の杉並区議会議員選挙に立候補を表明した後は「ほらぐちともこ」名義も使用している。

経歴[編集]

  • 1988年、宮城県仙台市生まれ[2]。両親ともに活動家で、小学生の時は週末に集会に連れて行かれていた。小学校6年生の時に母親は病気で亡くなった[3]
  • 2003年、中学生の時にイラク戦争が始まり、東北大学の学生らの反戦デモに参加[2][3]
  • 高校卒業後、約2年間フリーターとして働く[4]。19歳のとき、仙台で居酒屋のバイトをしていたが、法政大学で学生運動の参加者が一斉逮捕されたことを知って中核派に興味を持ち[5]、市内の喫茶店で中核派に加盟した[3]
  • 2008年10月、通信教育課程で法政大学経済学部に入学[4]。法大合格後、上京して江戸川区にある前進社に住み始めた。入学直後、沖縄のデモに参加している最中に逮捕されている[3]
  • 全学連、法政大学文化連盟(社会科学研究会所属)として活動し[6]、2008年に譴責処分[7]、2010年に無期停学処分を受けた[2]
  • 2014年12月の鈴木達夫衆院選、2015年4月の北島邦彦の杉並区議選、同年の国会前での安保法制反対運動、2017年10月の齋藤郁真の衆院選などを闘う[2]
  • 2017年5月に開設された中核派全学連のYoutubeチャンネル「前進チャンネル」でキャスターとして活躍中。
  • 2018年9月9日、荒川区民会館(サンパール荒川)で開催された革共同政治集会で、2019年4月の統一地方選に杉並区から立候補することを表明した[8][9]

人物[編集]

  • 「中核派の三大美女」の一人とも称される[10][5]
  • 保育士になるという夢があったという[5]
  • 雑誌『序局』第14号(2017年1月)に「全学連は訴える! 警視庁公安部の襲撃に告訴・国賠で反撃」を寄稿している。
  • 2007年から2011年に杉並区議を務めた北島邦彦の後を引き継ぐ形で杉並区議選に立候補した[11]。なお中核派は1967年に長谷川英憲都政を革新する会)が区議に当選して以来、杉並区で選挙闘争を続けている[12]

脚注[編集]

  1. ほらぐちともこ (@HoraguchiTomoko) Twitter
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 ほらぐちともこプロフィール ほらぐちともこ/洞口朋子/杉並区議予定候補
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 姫乃たま(取材・構成)、藤村大輔(撮影)「中核派として革命を目指す女子 前進チャンネルナビゲーター・洞口朋子インタビュー」『実話BUNKAタブー』2018年10月号、2018年9月
  4. 4.0 4.1 田中良介「ルポ・20歳の革命少女」『G2』vol.5、2010年9月
  5. 5.0 5.1 5.2 恋バナ、夢、自炊、YouTubeチャンネル、そして逮捕も… 中核派アジト「前進社」で暮らす若者たちの素顔 AbemaTIMES(2017年6月15日)
  6. 社研・洞口へ新たな処分策動 法政大学文化連盟(2010年1月26日)
  7. 洞口さんに譴責処分! 法政大学文化連盟(2008年12月27日)
  8. 革共同政治集会 改憲阻止へ戦闘宣言 若きリーダー鮮烈に登場 『前進』(2018年9月17日)
  9. 全学連の決意表明 『前進』(2018年9月17日)
  10. 昼間たかし 全国に「彼氏いません」とまでアピール……「過激なテロ集団」中核派がやたらテレビに出る理由 日刊サイゾー(2016年8月16日)
  11. 戦争への道=入管法改悪弾劾 杉並から改憲阻止の大運動を ほらぐちともこさんが街頭演説 『前進』(2018年12月13日)
  12. ほらぐちともこ×斎藤いくま新年対談 改憲阻止の選挙決戦へ 青年・女性の力で社会変えよう 『前進』(2019年1月1日)

外部リンク[編集]

公式
メディア等