北島邦彦

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北島 邦彦(きたじま くにひこ、1959年8月29日[1] - )は、日本の政治家。都政を革新する会事務局長、一般合同労働組合東京西部ユニオン副委員長[2]。元東京都杉並区議会議員。

選挙では、北島くにひこの表記も用いる。革命的共産主義者同盟全国委員会(中核派)の関係者[3][4]

来歴[編集]

山口県岩国市生まれ[2]。1978年、山口県立岩国高等学校卒業。1982年、中央大学法学部法律学科卒業[5]。大学在学中、世田谷で反戦、反核、反入管などをテーマにしたミニコミ誌を出版するなど、反戦・反核運動にかかわる[6][7]。大学卒業後、読売広告社に入社[8]。労働運動に加わり、同社労働組合執行委員(青年・婦人担当)を務めた[6]。1985年、都政を革新する会に参加、会社を退職[6][7]。国鉄分割民営化に反対し、1985年の11・29浅草橋戦闘(国鉄同時多発ゲリラ事件)に参加して逮捕され、6年半の獄中生活を送った[6][9]

1993年、東京都議の長谷川英憲の選挙で選挙専従を務めた[9]。2001年、都政を革新する会事務局長に就任[8]。イラク反戦運動や介護保険廃止・公的介護を求める運動に取り組み[6]、2003年、杉並区議選に出馬するも落選した。2005年8月4日、杉並区での「新しい歴史教科書をつくる会」の教科書採択をめぐり、暴行罪で逮捕された。裁判所は検察の勾留請求を認めず、2日後に釈放された[10][11]

2007年、杉並区議選に再度出馬し、初当選を果たした。2011年の杉並区議選では落選した。2012年、一般合同労働組合東京西部ユニオン副委員長に就任[8]。2014年の杉並区議補欠選挙、2015年の杉並区議選にも出馬したが落選した。

2017年、東京都議選に杉並区から出馬。共謀罪・改憲反対、築地市場の豊洲移転反対、保育や都営交通などの民営化反対、非正規職撤廃、2020年東京オリンピック返上、労働者階級の団結などを訴え[12]白井佳夫鈴木達夫武田崇元齋藤郁真などが推薦した[13]。選挙活動では「安倍を監獄へ」「前進チャンネル」などの旗を掲げて、街宣活動を行った[14]。2496票を獲得、12人中11位で落選した[15]

脚注[編集]

  1. 北島邦彦の「すぎなみ未来BOX」(アーカイブ)
  2. 2.0 2.1 新しい労働者の政党を 戦争への共謀罪絶対阻止! ゼネストで社会を変えよう 都議選へ北島邦彦は訴えます 週刊『前進』02頁(2850号01面01)(2017/06/09)
  3. リベラルに復活の道はない、中核派・全学連委員長が激白 ダイヤモンド・オンライン(2017年11月12日)
  4. 北島邦彦「未来BOX」のツイート、2017年6月25日
  5. 北島 邦彦さんの自己紹介 Facebook
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 北島邦彦(きたじま くにひこ)・新城せつこ(しんじょう節子)・けしば誠一(結柴せいいち) 闘う住民の代表を杉並区議会へ 3人の区議団を 週刊『前進』2080号5面1(2002年12月2日)
  7. 7.0 7.1 4月統一地方選 〈反戦と介護〉掲げ必勝を 週刊『前進』2084号9面1(2003年1月1日)
  8. 8.0 8.1 8.2 都議選(杉並区)に北島邦彦の擁立を決定! 都政を革新する会(2017年1月21日)
  9. 9.0 9.1 「杉並区議補選にたつ北島邦彦さん 決意を語る!」 都政を革新する会(2014年5月24日)
  10. 8・4杉並 戦争教科書の採択押し返す 区教委ゆるがす人間の鎖 区民の怒りが強行を許さず 週刊『前進』(2210号6面1)(2005/08/22)
  11. 研究:ネット右翼と嫌韓流 都政を革新する会(アーカイブ)
  12. STATEMENT(主張) 都政を革新する会
  13. 推薦します 都政を革新する会
  14. 都議選決戦 杉並に革命の火柱 北島くにひこ陣営奮戦記 週刊『前進』02頁(2860号02面01)(2017/07/13)
  15. 開票速報(杉並区)- 2017都議選 朝日新聞デジタル

関連項目[編集]

外部リンク[編集]