太陽系の最期

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

太陽系の最期(たいようけいのさいご)とは、太陽赤色巨星となったあと、白色矮星になった後の太陽系未来である

概要[編集]

今から50億年後~70億年後、太陽が赤色巨星となって水星金星地球を飲み込むのは予想されるが、その後の太陽系はどうなるのか予想されることはわからない。参考文献論文も少なく、あっても日本語で書かれていないので記すことが不可能に近い。

火星[編集]

今から50億年後~70億年後、赤色巨星となった太陽は水星、金星、地球を飲み込みさらに膨張すると考える。このとき、火星の気温も上昇するが、どこまで上昇するのかわからない。両極のが融けてができ、生物が誕生するかもしれない。大気はどうなるのであろうか。重力が小さく、大気を引き止めておく力がないのでやはり現在と同じく大気は薄いままかもしれない。すると気温が上がるとすぐ水は蒸発するかもしれず、生物がいきていくには過酷な環境になるかもしれない。太陽が再び収縮して白色矮星となると火星の気温も再び下がり、凍り付いた死の星になるであろう。

木星以遠[編集]

太陽の膨張と収縮にはそれほど影響を受けない。木星土星衛星には何らかに影響を与える可能性はある。ただ、太陽の引力が小さくなると惑星の軌道が乱れ、互いに衝突したり、太陽に衝突したり、太陽系から飛び出していく可能性はある。50億年の長期間、至近距離での超新星の爆発や別の恒星が近づいてくる可能性はある。さらに長い間にはブラックホールが近づいてくる可能性もある。

関連項目[編集]