大坂の陣

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大坂の陣(おおさかのじん)とは、2度に亘る江戸幕府軍と豊臣氏の戦いである。なお、当時は「大阪」は「大坂」と書かれる。

大坂冬の陣[編集]

大坂冬の陣(おおさかふゆのじん)は慶長19年(1614年10月にあった戦い。
豊臣秀頼徳川秀忠の娘を娶って徳川と姻戚になったものの、実母淀殿同様、「太閤の忘れ形見」のプライドを捨てず、秀吉天下統一後の織田氏のような「体制従順」の姿勢は取らなかった。そうした中で徳川家康は方広寺の「国家安康」の鐘銘を言いがかりに戦いを仕掛けた。
淀殿は豊臣恩顧の大名に加勢を依頼したが全て断られ、城内に長宗我部盛親真田信繁毛利勝永明石全登といった関ヶ原西軍参加の元大名や主君を失った浪人から成る軍勢を集結した。
戦いはイギリス製の大砲におののいた淀殿が和睦を申し出て終了。

大坂夏の陣[編集]

大坂夏の陣(おおさかなつのじん)は、慶長20年(1615年4月から5月にあった戦い。同年5月7日大坂城陥落により終了。5月8日豊臣秀頼らが自殺し、豊臣氏は滅亡した。