報道番組

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia-logo.pngウィキペディア報道番組の項目があります。

報道番組(ほうどうばんぐみ)とは、ここでは日本の報道番組を主に書いてゆく。

歴史[編集]

1974年4月NHKにてニュースセンター9時が放送。それまでの政治・物事を中心としたニュースを撤廃。視聴者に分かり易く伝える。担当者曰く「新聞では自分の好きな所を見れるのに何故テレビは政治・物事の順番ではいけないのか。テレビを生かせる時代がくる。それまでにない番組を作る。視聴者に分かり易いニュースを」。と言っていたかはわからない。1985年10月ニュースステーションが始まる以前はキャスターが一人で淡々と伝えるスタイルが定番だった。朝・昼・夕方の民法もそのスタイルだった。

1984年4月にてフジテレビで放送 のFNNスーパータイムは視聴者に分かり易くかつ親しみのある番組を目指し定着した。

1985年頃の民法も次々と親しみのある番組が生まれた。

1985年10月、ニュースステーションが放送開始。それまでの報道番組とは裏腹に画期的な出演、親しみ易さ、ニュースのハードルを下げたことにより徐々に視聴率を獲得。以降今の報道番組の基礎となる。

1997年にテレビ朝ににてスーパーJチャンネルが放送開始。視聴者を夫婦をターゲットにしグルメ企画の先駆けとなった番組。初期のみアニメが存在していた。

2000年4月、フジテレビにて放送していたFNNスーパーニュースをリニューアル。報道番組のワイドショー化を図った。

FNNスーパータイムとニュースステーションが今の報道番組を作ったといっても過言ではない。

夕方の報道番組[編集]

かつて夕方の報道番組の放送開始時間は18時スタートだった。1993年に17時30分スタートの番組が多くなった。1997年のjチャンでは17時スタートに繰り上げた。2000年頃になると17時ちょっと前開始が多くなった。そこから長らく17時スタートが続いたが2013年にスーパーニュースが16時30分に繰り上げ、さらに2015年度からは15時50分スタートの民法も増え今に至る。

ワイドショー化の批評[編集]

2000年代、ソフトニュースの取り扱う量が増え「これは本当にニュース番組なのか」という声も少なくはない。2000年4月~2015年3月まで放送していたスーパーニュースがワイドショー化を加速させたと言っても過言ではない。2011年3月11日に発生した東日本大震災によりスーパーニュースは2012年度より脱ワイドショー化を図った。しかし低視聴率の影響で2013年頃にはワイドショーに戻った。他の番組も脱ワイドショー化を図ったが2年あまりでワイドショーに戻った。結果脱ワイドショー化は1年あまりの短さで役を終えることになった。

主な報道番組一覧[編集]