亡命ペディア

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亡命ペディア(ぼうめいぺでぃあ、:exilopedia)とは、ウィキペディアによるSPモード無差別・無期限投稿ブロックや、アンサイクロペディアの管理者がチャクウィキと兼任していることを踏まえた予防措置として断行したブロックの巻き添えになったユーザーから、極悪非道のLTAまで、幅広い層のユーザーがwiki活動を続けるための受け皿になっているウェブ百科事典サービスのことである。しばしば、国産ペディア[1]過疎ペディアであることが知られている。

特徴[編集]

単に誤爆・巻き添えになっただけの善意のユーザーが集っている場合、エンペディアのように健全な発展を遂げやすい[2]が、LTAなどが大手ペディアの即時ブロック[3]のおかげで憂さを充分に晴らし切れずに襲来した場合、ユアペディア等のように無法地帯と化しやすいことが知られている。

代表的な亡命ペディア[編集]

亡命目的で設立されたもの[編集]

ユアペディア
ウィキペディアでブロックされたユーザーの最大の流入先。流入した人々は自分を追放した人々に対する私怨を好き勝手綴ったり、元の居場所にあった記事を大量にコピペして第二の縄張りを作ろうとするが、大抵の場合うまくいかない。
ウソペディア
創設者・BC含め、少なくとも3名のアクティブユーザーがアンサイクロペディアで無期限ブロックされたことをカミングアウトしている[4]。ただ、亡命ペディアであるにもかかわらず、設立に参加した中心ユーザーの二人は皮肉にも長期ブロックに処せられ、体制が変化しつつある。一部ではアンサイクロペディア化という声もあるが、Illogicopediaとの姉妹ウィキ関係締結の動きなど、アンサイクロペディアとは異なる独自の発展を遂げている。ここ最近では記事生産量がアンサイクロペディアを上回る[5]、エンペディア・アンサイクロペディアで経験のある管理者が兼任管理職に就くなど、アンサイクロペディアと比較しても非常に好調なサイト運営を実現している。ただし利用者数は相変わらずである。因みにエンペディアンは一部の例外を除きアンサイクロペディアよりウソペディアに参加する傾向がある[6]
日本さいころペディア
最高権力者の一人は、アンサイクロペディア、チャクウィキ、ユアペディアなどでLTA認定されている。現在はほぼウェブ廃墟状態。
ウィークペディア
設立者はアンサイクロペディアでなかなか馴染めず、投稿ブロック処分の経験もあった。そんな中で自由に編集できるサイトとしてこのサイトを設立したが、悲しいことに運営を維持できる参加者がいなくなったので一人のヘビーユーザーを残して滅亡した。
クレイジーペディア
初代エンペディア、ウィークペディアに並んでmyhtドメインの亡命ペディア三銃士に数えられる(出典なし)。やはりアンサイクロペディアに馴染めなかった利用者が自由に書き込める場所として設立した。しかし初代エンペディアと対立して1年も持たず潰れた。

亡命目的ではないもの[編集]

エンペディア
実験用の個人サイトが発祥だが、亡命先の1つとしても機能している。名前の由来の1つとして「アンサイクロペディア上に『アンサイクロペディアやウィキペディアから追放された人々が行きつくサイト』という設定で存在する架空のウィキサイト『エンサイクロペディア』が元であるとされていた」という黒歴史も存在するが、現在では関係性は否定されている。
ただし、ユーザーというよりはむしろ記事にとっての亡命ペディアとして機能しうることは、JAWPからのエスケープ転載の容認によって、明記されている。
Tanukipedia
エンペディアのエスケープ転載と似た方針が存在し[7]、過去に何度か、記事にとっての亡命ペディアとして使われたことがある。

この節は執筆の途中です この節はまだ執筆途中です。加筆、訂正して下さる協力者を募集中!


脚注[編集]

  1. 出典としていかがなものかと思われるかもしれないが、エンペディアにもウィキペディアにもユアペディアにも項目が存在しないので、アンサイクロペディアから引用すると、「特定の国における現地発の百科事典サービスのこと」である。
  2. これには恐らく、毎回行う必要がある投稿時の認証システムによる防衛の効果もあるのだろう。
  3. しかし、LTA:ASPE等は、簡単なアナグラムの使用を繰り返しているので、わざとブロックされに行っているようにしか見えないのも事実である。
  4. ウソッターreddittwitterの雑種のようなコメントページ)他より。
  5. 過疎ペディアでの比較値を参照。
  6. この記述をしたプログラマリオ、Augustus Caesar氏、クールトレイン777氏、DHMO氏、Mugix氏、邪魔ー氏など。一方で荒巻ストイチコフ氏はエンペディアンでは珍しくアンサイクロペディアで活動している。
  7. ヘルプ:ウィキペディアから記事を複製するには

関連項目[編集]