三国志

出典: 謎の百科事典もどき『エンペディア(Enpedia)』
三国志演義から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

三国志』(さんごくし)とは、西晋歴史家であった陳寿の著した歴史書のことである。転じて、中国の三国時代そのものや、三国時代を舞台としたフィクション(『三国志演義』など)を指す言葉としても用いられる。「三國志」とも書く。

対象となる時期[編集]

各種の『三国志』は、それぞれが扱う時代が異なっている。

最も狭く捉えれば、『三国志』の時代は呉の孫権が皇帝を名乗った229年から蜀漢が滅亡した263年までとなる。これはの3ヶ国がそれぞれの皇帝を戴いて並立した時代である。一般には、後漢末の184年に発生した黄巾の乱から280年の呉の滅亡までを扱うことが多い。

最近では、宮城谷昌光の三国志のように、はじまりを楊震らの活躍など後漢中期に置く作品もある。また、各種の三国志関係ソーシャルゲームでは、西晋の人物も多く登場する。

陳寿の三国志[編集]

正史三国志などと呼ばれる歴史書である。魏の跡を受けて、中国を再統一した西晋の国家事業として編纂されたものである。あまりに近い時代に編纂されたので、潤色が多く見られるとも言われる。また、陳寿が蜀の遺臣だったため、蜀に対して同情的な記述も多い。

小説としての三国志[編集]

吉川英治北方謙三、上記の宮城谷らの作品が有名。吉川の小説は横山光輝の漫画のベースとなった。

二次元のなかの三国志[編集]

サブカルチャー関係では、日本の戦国時代と同様に、三国志は大人気である。コーエーのアクションゲーム『三國無双』は有名である。孫策伯符を美少女化した『一騎当千』や、関羽をヒロインとしたアダルトゲーム『恋姫†無双 〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜』など、三国志の武将が美少女化されることも少なくない。

三国志を題材とした漫画・アニメ・ゲーム・ライトノベルなど[編集]

脚注[編集]